プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年12月02日

新!発熱バイアル

冬の大新作、出来ました。

バイアル(薬品を入れるガラス小瓶)に透明導電膜を蒸着したもので、通電すると自ら発熱します。



最初に試作したものはフィルムヒーターを巻きつけただけの簡易版でしたが、加熱能力や耐久性は著しく劣るものでした。消耗品ととらえればそれでも良かったのですが、やはりバイオ・ケミカルといった特殊分野は高機能を望む声が少なくありません。

そこで今回は新生&真性のガラスヒーターです。

市販バイアルのガラスは石英より耐熱性の低いパイレックスなので、蒸着中に割れないギリギリの仕様ですからそれほど高温まで加熱できません。それでも空焚きで200℃は行きますから、試薬や培養液の加熱には十分です。

ハンガーラックのようなものにカチャッと嵌め込み、温度センサと電極ピンが接触して温調する仕組みを考えています。これらの温調は技術そのものは大したことないのですが、5個10個連ねて同時制御するには操作系をシンプルにする必要があります。

でもPLC(プログラマブルコントローラ)を使うとどうしてもコストが嵩むし。。。PCで制御すれば簡素化できますが、スタンドアローンで使いたいニーズの方が高いはず。


商品化にはどんなパッケージにするかがカギになりそうです。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
モバイルdeヒーター
モバイルdeヒーター(2019-02-18 08:33)

バイオジャパン2018
バイオジャパン2018(2018-10-13 14:20)

一体型
一体型(2018-09-12 07:33)

この記事へのコメント
同時制御は「PIC」か「DSP」が安くすみそう。 で、ワンチップ多チャンネルPID制御かな、、 面白そうですね~。   
Posted by nishi at 2011年12月06日 09:31
PICは結構使いなれているので、それを考えています。でも最近はPLCも色々なパッケージが出ているのですね。I/Oもボードinだし。
というか、色々と考えている時が楽しいのですけどね。
Posted by 株式会社ブラスト株式会社ブラスト at 2011年12月06日 13:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。