プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年05月22日

火天の城

以前に「のぼうの城」を紹介しました。今回ご紹介するのは「火天の城」です。

火天の城



Q:安土城は誰が建てたか?
A:織田信長
Q:ブブ~ッ。答えは「大工さん」















「のぼうの城」は戦いを描いた小説でしたが、「火天の城」は城を立てる大工さんの話。安土城建築を織田信長に命じられた岡部又右衛門の視点で、壮大なモノづくりを成し遂げる戦国時代のプロジェクトマネジメントが描かれています。
映画にもなりましたが、戦いとは違ってリアルに感じられるワクワクがあります。

近代技術が何一つなくても、人と人とが泥臭くせめぎ合って困難を乗り越えていく様は、現代と全く変わりません。というか、現代でも詰まるところは人なりと言うことで、ずっと昔からその骨子が脈々と受け継がれているのですね。

共感できる部分が盛りだくさんのオススメの書です。

同じカテゴリー(読書)の記事
夏休み読書感想文
夏休み読書感想文(2014-08-15 11:11)

半沢直樹2
半沢直樹2(2013-10-03 08:41)

零戦
零戦(2013-08-16 08:32)

バブル
バブル(2013-08-14 13:37)

君たちに明日はない
君たちに明日はない(2012-04-03 08:49)

下町ロケット
下町ロケット(2011-09-19 08:49)

Posted by 株式会社ブラスト at 10:53│Comments(0)読書
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。