プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年03月03日

ダイヤモンド購入

出来上がったガラスヒーターの端に穴をあけたい時があります。

ガラスはとても硬くて脆い材質で、衝撃には弱いので加工は容易ではありません。おまけにガラスヒーターの基材は石英で、普通のガラスより硬い。

製品用のガラスはもちろん専門工場に発注するのですが、図面もないアイデア初期に在庫品をちょっと試すだけなら、自分で手っ取り早く済ませたい。しかし樹脂や鉄板用の日曜大工的な工具だと割れてしまいますので、このたびガラス加工用の工具を揃えました。

穴あけには超硬ドリル、ヤスリがけには工業用ダイヤモンド粒子を電着したヤスリを使用します。
→タイトルに偽りなしっ(釣りアリ)。

ダイヤモンド購入
 ☆上がダイヤモンドヤスリ(何カラット?)、下が超硬ドリル(面棒くらいの大きさ)

いきなりガラスヒーターで試すのはもったいないので、蒸着していない基材で試します。角を面取りするヤスリがけは、まあ何とか出来ました。
穴あけは水をかけて冷やしながらゆっくり加工しなければなりませんが、加減が難しい。。。もうすぐ開くかぁ~、と思うまもなくパリンッていう音が。

ま、今日はこのくらいで許してやるか。。。   明日は神奈川R&D展示会です。

同じカテゴリー(ガラスヒーター(技術))の記事
違いが判る男
違いが判る男(2018-01-26 12:17)

消えゆくもの
消えゆくもの(2017-07-27 22:24)

Made in 俺
Made in 俺(2016-11-05 13:00)

冬の新作
冬の新作(2014-12-01 08:23)

温度センサ
温度センサ(2014-07-24 08:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。