プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年06月02日

良いものって。。。

昨日、懐かしい方からメールがありました。その昔、とある技術の商品化を一緒に画策していた、提携企業の担当者でした。
その当時は凄く良いものだからとメンバー一同頑張っていたものですが、結局ものにできませんでした。「良いものがビジネスになるとは限らない」その典型例としてきました。

しかし最近富に思うのは、やっぱり良いものは売れるのです。ただし、”良いもの”とは何か?その基準と価値観は時代やトレンドによって大きく変わる。今やハードの機能性能だけでなく、それを取り巻く環境や社会世相まで加味しないと、”良いもの”にならない。もっと言うなら、ビジネスにあってはスマートな利益回収の仕組みまで成立して初めて”良いもの”とされる。

ところ変わってiPad。Windous一辺倒だった私でさえも、遅ればせながら予約してしまいました。ハードに目新しさは無いものの、何か新しそうと言う期待値が購買意欲を掻き立てられます。でもそこまでの状況を作り出すまで、アップル社は相当長い間しかけをごろうじて来たわけです。

レベルは違いますが、、、弊社のガラスヒーターもそれだけ販売していた当初は売れませんでした。
良いものって。。。
パッケージに落とし込んでシステムにまで踏み込んで、ようやく問い合わせが押し寄せるようになりましたが、膨大な構成要素を最適に選定するのにかなり苦労したものです。

商品が狙い通りにヒットするのは超天才か超ラッキーか。大方はヒットの影に地道な土台作りと耐えしのぐ継続があってこそ、です。何年か経って、ガラスヒーターはホームランだった!と言える様、まだまだ頑張らなきゃ。


同じカテゴリー(ビジネス)の記事
違いが分かる社長
違いが分かる社長(2019-05-14 18:35)

バッテリヒーター
バッテリヒーター(2019-05-10 14:34)

黒歴史
黒歴史(2019-05-07 13:45)

ザ・大阪
ザ・大阪(2019-04-21 11:59)

私たちは働く
私たちは働く(2019-04-13 19:10)

2019年4月1日
2019年4月1日(2019-04-01 08:40)

Posted by 株式会社ブラスト at 08:05│Comments(0)ビジネス
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。