プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年02月12日

品質ということ

中国企業に発注していた部品が大量に届きました。以前はバラバラだった品質が、今回かなり均一になっているのに驚きました。技術も急速に上がってきていると感じます。

何よりも驚いたのがこれ。
品質ということ
※部材に巻いたクッションシートを止めるセロテープの端に、赤い矢印が貼ってあります。

セロテープは透明でピタッとくっつくため、意外と見つけにくく剥がしにくいものです。こういうときに限ってハサミが見当たらない。仕方が無いのでセロテープの端を指でこするのですが、これがまた難儀する羽目に。無理やり取ると中の部品を壊しそうだし。

ところが、矢印のおかげでテープの端が直ぐわかるうえ、そこが粘着していないので簡単に剥がせます。便利なだけでなく、部品を傷めずに直ぐ取り出せます。刃物使うとたまにシートの下の保護紙まで切っちゃいますからね。

テープの端を折ってくっつかないようにすることはありますが、面倒くさくってついピタッと貼ってしまいます。最初はこういうテープが売っているのかと思いましたが、良く見るとなんと矢印が印刷された紙を切り取って貼っているのです。

日本だったら、「コスト」と「スピード」を重視して、こんな非効率でメリットも見えない作業はしないでしょう。しかしこれはかなり高額な精密(=壊れ易い)部品なのです。些細なことですが、些細なことまで配慮してくれているのかと嬉しくなるのが人情。
品質とは、それを使う相手を思いやる心から派生するものかもしれません。

1年前はダンボールに新聞紙で包んで送られてきました。今やここまで意識が及ぶようになり、品質向上にも繋がってきているように思います。
中国企業が見せる進歩の度合いは恐ろしく早いです(早い企業とそうでない企業の差がありすぎ?!)。中国製は全部安かろう悪かろうと十把一絡げに見ていたら、とんでもない事になり、、、いや、一部なりはじめている面もあるようです。

タグ :中国品質

同じカテゴリー(ビジネス)の記事
弾丸観光
弾丸観光(2019-08-18 18:04)

嵐を呼ぶ台湾
嵐を呼ぶ台湾(2019-08-16 08:31)

CO2自動切り替え
CO2自動切り替え(2019-08-09 07:23)

受精・着床学会2019
受精・着床学会2019(2019-08-03 15:08)

Back to the TAIWAN!
Back to the TAIWAN!(2019-07-26 08:15)

Posted by 株式会社ブラスト at 07:45│Comments(0)ビジネス
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。