プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年02月05日

カプセル

開発中のハイパーサーミアシステムは、制御するコントロールタワーと、人を加温するプラットフォームに分かれます。
プラットフォームは薬のカプセルにも似た形状で、加温カプセルと呼んでいます。中に特殊なヒーターが入っています。全体のシステム設計とコントロールタワーはブラスト社の主管ですが、このカプセル製造は中国の航空機メーカーが担ってくれました。

でもこれ、カプセルの中へどうやって入るの?と写真を見た人から良く聞かれます。それはですね、上半分のドームが下へグゥィィ~ンッ!と電動収納されていくのです。

カプセル
※開いている途中です。開ききったら完全にフラットになります。

ドームは加温中に密閉して雰囲気温度を保つ大事な役目がありますが、出入するときはとってもジャマに。各国で開発されている装置では、上へ跳ね上げたり正面にスライドしたり、そりゃもう大騒ぎ。
それで、まるで特撮映画のヒミツ発進基地みたいな仕掛けにしたわけです。具体的な構造は向こうのエンジニアが頑張って作ってくれました。ただ、レールの精密加工は中国で出来なくて日本の工場に依頼したそうです。

昨日のテクニカルショウでも感じたのですが、素直にモノ作りは楽しい。それがビジネスになれば面白い。さらに人の役に立てば天命。製造業にとっては厳しい時代であっても、頑張って行こうと思えるのです。


同じカテゴリー(ハイパーサーミア)の記事
上海再び
上海再び(2011-12-13 07:55)

癌に挑みし
癌に挑みし(2011-02-27 14:03)

カーボンヒーター
カーボンヒーター(2010-10-16 09:24)

Posted by 株式会社ブラスト at 15:35│Comments(0)ハイパーサーミア
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。