プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年01月14日

ハイパーサーミア

とある自主開発プロジェクトを起業してからずっと継続進行中です。その名も「ハイパーサーミア」。

ハイパーサーミアとは、体温を上げて癌を治療する医療システムです。癌は熱に弱いので、外から熱を加えて参らせちゃおうというスンポーです。

でっかい薬のカプセルみたいなボディに人が入ってて、中に組み込まれたヒーターで加温します。
ヒーターの温度やサイクルは、心電計とデータリンクした制御システムでコントロールします。



じゃあ温泉やサウナでもいいんじゃないの?!と思うでしょ。
えっとですね、ニンゲンは恒温動物なので、単に暖めただけじゃ汗かいたりして熱を逃がして、中枢深部の温度を常に一定にしてしまうのです。皮膚表面の温度はすぐ上がるのですけどね。

風邪引いて38度5分なんて発熱したらどんな状態か、想像してみてください。それをハイパーサーミアでは中枢深部を42度近くまで上げます。まあ、自己発熱と外からの加温じゃ全く同じ状況じゃないけど、カラダにしてみたら、いざ勝負!みたいな感じです。なので、これは麻酔をかけてICU並みの全身管理の下、専門の医師が使う医療機器です。
ちなみに、中枢深部の温度を正確に計る場所は直腸。そう、お尻の穴に医療用センサをずずいっ、と差し込みます。これが結構クセに・・・・(ならないならない)。

こういったものを開発していく中でヒーターや制御のノウハウが蓄積されていった訳です。それを活かして今は産業分野で商売させてもらっています。
システムそのものは出来上がってきて、これから一番大変な治験です。ビジネスと言うより、もはやライフワークですね。


同じカテゴリー(ハイパーサーミア)の記事
上海再び
上海再び(2011-12-13 07:55)

癌に挑みし
癌に挑みし(2011-02-27 14:03)

カーボンヒーター
カーボンヒーター(2010-10-16 09:24)

Posted by 株式会社ブラスト at 10:24│Comments(0)ハイパーサーミア
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。