プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年01月13日

ガラスヒーターのヒミツ

なぜガラスが熱くなるのか?  種も仕掛けも、、、あるんです(あるんかいっ!)

それは、ガラスの表面に特別な金属の膜がコーティングしてあるからです。膜は電気抵抗を持っているので、電気が流れると抵抗によって熱くなります。つまりガラス表面の金属膜が熱くなる訳です。

ガラスヒーターのヒミツ金属膜はインジウムなどを主成分としたレアメタル(透明導電膜、いわゆるITO)。それを超々薄々でガラスに蒸着します。

基材となるガラスには普通の耐熱ガラスではなく、石英ガラス(SiO2)を用います。元素記号は水晶と同じですが、水晶と違って結晶化はしていません。
この石英ガラスも面白い素材ですが、それはまた別のお話に。



透明なまま発熱するので見た目では熱いかどうか分かりませんが、サーモグラフで見るとご覧のとおり。

ガラスヒーターのヒミツ

ところで、実はガラスヒーターそのものは古くからある技術で、結露防止に多く使われています。だけど高温で長時間使うと膜が壊れてしまう欠点がありました。

ブラスト社が取り組んでいるガラスヒーターは膜の成分や蒸着プロセスに工夫があって、高温耐久性を持たせることが出来ています。常時加温で持つ温度は500℃ですが、ただいま700℃の実例を取り組み中です。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(技術))の記事
違いが判る男
違いが判る男(2018-01-26 12:17)

消えゆくもの
消えゆくもの(2017-07-27 22:24)

Made in 俺
Made in 俺(2016-11-05 13:00)

冬の新作
冬の新作(2014-12-01 08:23)

温度センサ
温度センサ(2014-07-24 08:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。