プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年01月12日

ガラスリアクター


ガラスヒーターはパイプ状にも出来るので、それを利用してリアクターを作りました。

これは、ガスや液体を中に通して、化学反応を早めたり乾燥させたりするときに使います。加熱しても赤くならず透明なままなので、観察しながら加温できる優れもの。
理化学機器向けが主ですが、射出成型機で樹脂(ペレット)を溶かす前工程でも使われています。

もっぱらB to Bなので色気も何もない説明ですが、装置そのものは綺麗でなんだか幻想的なのです。それに、ニクロム線も何もないのに熱くなるので、不思議な感じです。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
モバイルdeヒーター
モバイルdeヒーター(2019-02-18 08:33)

バイオジャパン2018
バイオジャパン2018(2018-10-13 14:20)

一体型
一体型(2018-09-12 07:33)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。