プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2017年12月06日

デッカク開けちゃった

前回の記事では細胞培養チャンバーの図体を大きくしたものを紹介しました。今回は穴を大きくしたもの。

加温動作中にマニュピレータなどを差し込むために、小型チャンバーのガラスヒーター中央にφ10mmの穴を開けたものはあります。それを、対物レンズが入るようにφ30mmの孔(通常の3倍!)を開けてしまいました。



ここまで大きいと電流密度が大きく偏るため、中央部分に発熱エリアが集中します。温度センサも標準位置の端っこだと熱を殆ど感知しないので、高温になる箇所へオフセットします。


流石にチャンバー内の雰囲気が駄々漏れですから、レンズを挿入しない時は観察しないので蓋をします。不透明のシリコンシートを切り抜いて手抜き、いや違った、安価に仕立てます。


他にもありとあらゆる特注が舞い込みますが、大概のことは対応できます。ディッシュ専用の小型チャンバーは元々が安いですから、チャンバーと温度制御装置に特注加工費込みでも30万円を超えることはまずありません。何なりとお問い合わせください。

同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
箱型ユニット
箱型ユニット(2017-08-24 17:20)

アハ体験
アハ体験(2017-08-10 08:26)

3次元培養
3次元培養(2017-06-09 18:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。