プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年11月24日

ガラスヒーターも用途が広がると、穴を開けたい要望が出てきます。機械部品を通したいとか光学干渉を無くしたいとか、背景は様々。

穴を開けること自体はできます。


できることはできるけど、本来の目的に沿うかは別問題。穴周辺の電流密度が偏るので温度分布も偏ってしまいます。ガラスヒーターはあくまで部品なので、システムとして使えるようにするには調整やセッティングが重要になります。

さて、ガラスヒーターもシーズン真っただ中。いつもこの時期は妖怪ネンナイノウニュウドウが騒ぎ出し始めますが、どうも今年は出てくる気配がない。もちろんヒマというわけではなくいつも以上に忙しいのですが、去年の暴走気味の騒ぎほどではありません。

別に注文が減っているわけでなく、手のかかる特注品も例年並みの流れです。が、残り1週間で師走とは到底思えない(色々な意味で)。

ただ、特注品の工数が大幅に低減できていることは確かです。一から設計するケースが減り、過去の製作例の一部変更で対応できる事が増えているから。実績が良い仕事をしてくれているわけで、いわゆる仕事の貯金、いや貯仕事です。
ガラスヒーターに穴を開けることにしても、経験があるので課題を予測した上で色々と提案できます。

溜めるのはダメだけど貯めるのは良いですね。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
モバイルdeヒーター
モバイルdeヒーター(2019-02-18 08:33)

バイオジャパン2018
バイオジャパン2018(2018-10-13 14:20)

一体型
一体型(2018-09-12 07:33)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。