プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年05月25日

NICO-1専用チャンバー

NICO-1は2個の培養容器を1組に連結させた構造で、違う細胞を同時に培養できるメリットがあります。でもそのチャンバーは2個とも同じ温度に制御するだけです。ここはやっぱり違う温度で制御できるようにしたいものです。そこで、、、

作ってみましたダブルヒートチャンバー。
NICO-1専用チャンバーNICO-1専用チャンバー

ポケットチャンバーのヒーターを横一文字に切りまして、奥側(ヒーター1)と手前側(ヒーター2)とで分けてそれぞれに温度センサを貼って、違う温度に設定できます。NICO-1を2組セットできます。

温度が変わると細胞の動きも色々と変わるので、その差をみることができます。また癌細胞は正常細胞より温度が若干低いので、そういった状況も設定できます。NICO-1の特長を活かしたこだわりのモノづくり。
ちょっとマニアックすぎるか?!でもオタクのこだわりこそが新しい発見を生むのです(キリッ

NICO-1専用チャンバー
大きさはポケットチャンバー通りに市販の培養容器と同じ大きさなので、顕微鏡の標準プレートホルダにスポッと嵌ります。
でも見た目はすっきりしてますが、試作1号なので内部の配線はゴチャゴチャしてて分解したら2度と組めない。。。まあそこは今後の課題ですな。

細工は流々ですが、さて、仕上げを御覧じろ、です。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
バッテリヒーター
バッテリヒーター(2019-05-10 14:34)

モバイルdeヒーター
モバイルdeヒーター(2019-02-18 08:33)

バイオジャパン2018
バイオジャパン2018(2018-10-13 14:20)

一体型
一体型(2018-09-12 07:33)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。