プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年01月20日

ガスセルヒーター

さて、セルづいている今日この頃、分光分析に使うアプリケーションが出そろってきています。
キュベットもマイクロセルも液体を分析するものですが、今回は気体を分析するガスセル用ガラスヒーターです。

従来のガスセルは筒状のガラス容器の左右に出入り口を設けたもので、中に入ったガスへレーザーを当てて波長の変化から成分を分析します。温度を上げる際には布団のようなジャケットヒーターを使っていました。それを、容器自体をガラスヒーターにしてしまうのです。



しかし結構手間暇かかってコストが下がらない。よくよく考えると全部透明である必要が無さそうです。
レーザー光が当たる面で温度差があると結露して曇ります。つまりその場所だけ「透明かつ加熱」できる機能を持たせればいいわけです。

そこで胴体はシリコンラバーヒーターとか使って加熱することにして、軸の両端の平たいところをガラスヒーターにしました。



既存の色々な容器にかぶせる形なので、使い回しできます。価格も安くできそうです。

同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
モバイルdeヒーター
モバイルdeヒーター(2019-02-18 08:33)

バイオジャパン2018
バイオジャパン2018(2018-10-13 14:20)

一体型
一体型(2018-09-12 07:33)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。