プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2014年12月01日

冬の新作

先週末の忘年会は大いに盛り上がっての年忘れ。師走の慌ただしさはもう少し先でしょうか。嵐の前の静けさやこれ如何に。

さて、ディッシュ用チャンバーは取り敢えず”作ってみた”のですが、立て続けに何件かの引き合いがあってサイズ的にもぴったりの様子。出来るはず、ではなく出来た、と言うのはリアリティありありですね。

新作に調子づいていますが、こんなものを作ってしまいました。

   ☆細長いガラスチューブヒーター

サイズは内径4mm、外径6mm、長さ120mm(加熱長さ80mm)、ストローを半分に切ったような感じです。

以前に試作した内径5mmのものを1mm小さくして標準化したのでが、低電圧でも高温になるよう導電膜の仕様も変えています。市販の継手に直接つなげて液体やガスを流せます。またキャピラリの加熱にも使えます。

すると、めちゃくちゃ尖がったモノが出きてしまいました。いえ、形じゃなく性能が。
従来品と比較するために最初はAC100Vで加熱試験したのですが、5秒で200℃を超えてしまいました。10秒過ぎると300℃!



熱容量が小さいので温度が下がるのも早い。石英ガラス基材だからこんな熱衝撃にも耐えられます。
これ、元々はDC電源で40℃くらいに制御して、試薬や培地の温度管理用を想定していました。しかし何か他の用途にも使えそうです。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(技術))の記事
違いが判る男
違いが判る男(2018-01-26 12:17)

消えゆくもの
消えゆくもの(2017-07-27 22:24)

Made in 俺
Made in 俺(2016-11-05 13:00)

温度センサ
温度センサ(2014-07-24 08:14)

CO2コントローラ
CO2コントローラ(2014-06-12 07:39)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。