プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2014年06月13日

発熱チャンバースライド

ガラスヒーターの新規アプリケーションとして、こんなものも策定中です。


  ☆発熱チャンバースライド

チャンバースライドとは一部屋一部屋が区切られた樹脂ケースで、底面にはコラーゲンがコートされていて、そこで細胞培養とかできるわけです。免疫染色とかウイルス検査とかに使うものですが、その土台になるスライドガラスを弊社のガラスヒーター「発熱スライドガラス」にしたら、温度管理もできてしまうわけです。

ただしPh管理のためにCO2濃度をコントロールする必要があります。今までは弊社では持っていなかったので、インキュベータに入れるしか方法がありませんでした。そうするとインキュベータで温度管理できちゃうので、せっかくの発熱力が全く活きない。。。

そこで、昨日のCO2コントローラの出番です!と、TVショッピングなりの抱き合わせプレゼンww
接続をどうするかはこれからですが、手っ取り早いのは小さな箱を作ってその中に発熱チャンバースライドを入れれば、OK(ちょっと美しくないなぁ)。

これもインターフェックスに参考出展します。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
バイオジャパン2018
バイオジャパン2018(2018-10-13 14:20)

一体型
一体型(2018-09-12 07:33)

低酸素チャンバー
低酸素チャンバー(2018-06-14 08:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。