プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年11月12日

温度分布の向上

面全体が発熱するガラスヒーターは温度分布の均一さを売りにしています。しかしチューブの場合、縦に配置すると熱が上に移動するのでどうしても頭寒足熱の逆になってしまいます。

それじゃあ具合が悪いこともあるので、”常に吸熱される状態を作り続ければバランス取れて均一になる”として、次のようなレイアウトを考えました。

温度分布の向上

試してみると、中々塩梅が良いようです。でも加熱能力も奪われてしまうので、電圧を上げて力技で乗り切る手立てが必要ですね。

これを応用すると、パネル状のものも出来そうです。パネルの場合、通常は±5%の分布(200℃のとき±10%)ですが200℃を超えると絶対値として分布が大きくなってしまいます。

たとえば箱型加熱炉の上下にガラスヒーターを設ける際、断熱のために2重サッシ構造にしますが、そこに窒素ガスを流すのです。

温度分布の向上

これも良いかなと思いましたが、図の左右で熱が移動するので偏りが顕著に出てしまいました。そこで送気と排気のポートを左側に集中させ、熱風が内部で循環してから出て行くようなレイアウトにしてみたところ、最初のよりはマシになりました。循環の度合いがまだ不均一なようですが、でも方向性としてはあっているようです。

営業活動の傍らでこんなことを日々、地道に積み重ねています。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(技術))の記事
違いが判る男
違いが判る男(2018-01-26 12:17)

消えゆくもの
消えゆくもの(2017-07-27 22:24)

Made in 俺
Made in 俺(2016-11-05 13:00)

冬の新作
冬の新作(2014-12-01 08:23)

温度センサ
温度センサ(2014-07-24 08:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。