プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年08月26日

1mmに近づける

細胞培養用コンパクトチャンバーは文字通り細胞培養用のウェルプレート1枚を加温するもので、以前にも紹介しました。



ガラスヒーターの厚みは標準品で2mmなのですが、1mmの厚さで作れないか、と言うお問合わせをいくつか受けました。
今までは細胞が対象だったところ、インターフェックス以降”菌”を対象に考えておられるユーザー様が増え始め、透過率や倍率の関係で出来るだけ薄いものを、という主旨のようです。

発熱スライドガラスは厚み1mmを標準仕様にしているのはプレパラートでは同様の要望があるからです。でもコンパクトチャンバーの大きさは150mm×100mmと大きめ。製作中に割れたりしないかな。。。
通常の標準仕様で2mmにしているのは圧をかけて200℃以上で使うこともあるからなのですが、コンパクトチャンバーの使用環境はそんなに高レベルではありませんので、1mmを標準にしてしまうことも考えています。そうしたら厚みのバリエーションも増えることになります。

色々と応用できそうなので、とりあえず数枚作ってみることにしました。湧き出るニーズに柔軟かつ幅広く対応することを目指しています。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(技術))の記事
違いが判る男
違いが判る男(2018-01-26 12:17)

消えゆくもの
消えゆくもの(2017-07-27 22:24)

Made in 俺
Made in 俺(2016-11-05 13:00)

冬の新作
冬の新作(2014-12-01 08:23)

温度センサ
温度センサ(2014-07-24 08:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。