プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年07月09日

熱!マイクロ流路

発熱スライドガラスに微細な流路を掘った、発熱マイクロ流路チップが出来あがりました!



流路全体が加熱されるので微細な温度調整が可能になります。プールと呼ばれる真中の反応槽も透明なので、ここで光学評価も併せて可能になりまして、μ-TASやMEMSと呼ばれる微細技術の熱源への応用を考えています。早速明日からのインターフェックスで展示することにします。

実は何年か前にも作ったことがありましたが、奇跡の一枚と言うほどの”作品”でした。でも今回のはあくまで”商品”を前提とした試作です。
一番の違いはその製作工程。流路加工を蒸着した在庫品に施すことができ、製作期間が大幅に短縮されて歩留まりもアップしました。

売れまくって大儲けかって?いえいえ、これ自体は売れないでしょうが、こういう製作ができる製作技術が商品なのです。分析機器の組込熱源や検体チップへ適用を働きかけます。

ガラスヒーター事業を本格的に始める前のテスト販売では、色々な特殊形状の蒸着を請けていました。


      ☆蒸留るつぼ(側面に蒸着)        ☆試験用チューブの加熱ブロック(底面に蒸着)

しかし単発に終わるので、事業そのものが伸びない。特注にするにしてもパッケージ化が重要ですが、これがなかなか難しい。

実施例の蓄積が増えた今、ようやく出来る出来ないの線引きが明確になってきました。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
モバイルdeヒーター
モバイルdeヒーター(2019-02-18 08:33)

バイオジャパン2018
バイオジャパン2018(2018-10-13 14:20)

一体型
一体型(2018-09-12 07:33)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。