プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年11月20日

新・細胞培養チャンバー

以前に紹介した細胞培養チャンバー、中々に好評です。

このたび、冷却機能を付加した「新・細胞培養チャンバー」を新しいシリーズへ設けました。


  ☆右側についているのがペルチェユニットで、庫内を冷却します

加温に関してはガラスヒーターで十分です。でも、ある一定のヒートサイクルを設けたいとか、光学評価をする際に光源の熱が伝わって温度が上がり過ぎてしまうとか、色々な課題へのニーズが出てきます。

そこでペルチェによる冷却機能を付加しました。温度制御装置と連動させ、加温-冷却という概念だけでなく、”温度管理”という視点のコンセプトです。

意外?にもポツポツと注文が来ます。それ以上にこういったデバイスが製作できるという良い見本となり、組み込み熱源としてのユニットの引き合いも出てきました。実はそれが狙いなのですけど、上手く繋がって行ければと思います。


同じカテゴリー(ガラスヒーター(実例))の記事
低酸素チャンバー
低酸素チャンバー(2018-06-14 08:09)

小さなことから
小さなことから(2018-03-15 08:15)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。