プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2019年01月31日

再生医療学会DE神戸

3月の再生医療学会、今年は出展予定では無かったのですけど、TASCLの総販売元のシムスバイオさんがランチョンセミナーに出されるというので急遽出展申し込みしていました。
その小間割りが決まりました。ブースNo.44、広い通路に面して角小間で申し分ありません。来場者の目を引くのに場所はとても重要なので希望を出していたのですが、この学会には何度も2小間以上で出展してることもあって多少なりとも融通が効くみたいです。



3月ということでまだ先だと思っていたものの、明日から2月!あっという間にやってきます。しかも初めての神戸国際会議場で勝手もわかりません。そろそろ準備し始めなきゃ。おまけに併設イベントでもあるベンチャーのプレゼン大会「テクノオークション」に参加するのでなおさらです。

このテクノオークション、全12社のうち弊社所属先の関西再生医療産業化フォーラムが3社枠を持っていて、その内の1社に採択されたもの。加えてNICO-1総販売元のギンレイラボさん(金沢)も採択されました。3枠のうち2枠が関西圏外で恐縮です。でも関西方面の取引が急増しているので産業振興には微々たる程度ながら一役買っていますし、ね。

ベンチャーのプレゼンというと、大概は資金or販路もしくは両方(ベンチャーの2大不足資源)を求めるもの。でも大きさより強さを目指すブラストとしては身の丈経営で独自路線を走ってるので、どっちも自前で何とかなってます(こじんまり生きてんじゃねーよっ!て叱られる?)。
それより顕微鏡インキュベータを使って新しいテーマに結び付く研究協力先を探しています。企業理念の一つでもある革新的な価値の創造を促したいと思います。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:58Comments(0)ビジネス展示会

2019年01月28日

譲渡会

週末は今年初の保護犬・猫の譲渡会でボランティア参加してきました。


  ☆ハチワレ兄弟

参加頭数は少なかったのですが、その分じっくり見てもらえたようです。来場者一人当たりの滞在時間も長く、大賑わいでした。選択肢が多すぎると目移りして逆に決めきらない心理が映しだされているようです。
引き取り候補も幾つか出てきて縁に繋がりそうで何より。捨てられたり野良だったりした動物たちに早く新しい飼い主が見つかることを願うばかりです。

来場者の誘導で待つ外は寒いかなと思って防寒重装備していたのだけど、良く晴れて意外に暖かい。仕事とは異質の時間が流れて、自然とマインドフルネス状態になります。2月は平均気温より高めになる予報、お出かけしたくてソワソワしてくる模様。

さて、溜まっていた受注仕掛かりもあらかた始末ついて、2月は本格的な年度末の予算消化シーズン。いつもは部品のままで保管している在庫分に組立指示を出し始め、完成品で保管して納期短縮の要求にもなるべく応えなきゃ。
千客万来、今年度の〆に備えます。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:07Comments(0)徒然なるままに

2019年01月21日

酸素センサ

低酸素インキュベータ開発の一番の肝は酸素センサ用のドライバ回路です。



酸素センサの検出信号を制御機が読み取りやすいよう、増幅変換する装置です。かねてよりの課題でしたが、自社開発していたもので、これが完成したことでやっと装置を一体化できました。

酸素センサは市販されているけどドライバ回路は市販されていないのです。価格にもよりますが、これだけでもライフサイエンスの研究装置用に売れると思います。

さて、インフルエンザは治ったけど体調がどうにもこうにもしっくり来ない。いやね何がどうというものでもないけど、何かこう歯車が合ってない妙な感じ。そうこうしているうちに、もう妖怪”年度内納 入道”が出始めました。早えーよっ。

四の五の言わんと脳内ホルモンのフル増産、開始です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 16:57Comments(0)ビジネス新しいもの細胞培養装置

2019年01月18日

低酸素インキュベータ

低酸素インキュベータの商用モデル1号機が出来上がりました。

  ☆カートリッジは二酸化炭素用です。

細かい詰めは残っていますが、外観やハードの部品は殆ど最終仕様。筐体に入りきらずハミ出していた内臓も全部収まり、今までのようなエクスキューズ(この部分は商品では奇麗に仕上がります的なもの)はありません。


ウェルプレートサイズのチャンバーユニット(35mmディッシュ2個搭載)も寄せ集めのような風体ではなく、すっきり出来て黒色塗装しました。

そして、このたび”火”が入りました。こいつ、動くぞ!

なんとか目標の酸素濃度0.5%、二酸化炭素濃度5%に到達しました。開発は長い険しい気の遠くなるような道程、昨年5月からスタートして苦節8か月(短かっ)。
従来品ではありえないコンパクトさ&窒素フリーで低酸素環境を実現します。癌細胞のハイポキシア(低酸素)培養を始め、各種細胞の酸素環境をお手軽に管理できて用途は無限大。再生医療の研究をサクサクお手伝いです。

と行きたいところですが、まだ制御が不安定で直ぐ濃度バランスが崩れます。コチラを立てればアチラが立たず、両方立てれば両方立たず。やはり密閉状態で酸素と二酸化炭素の二相を同時に制御するのは至難の業なのです。それでもあと少し。制御プロトコルとレイアウトを調整してみます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:37Comments(0)ビジネス細胞培養装置

2019年01月16日

厄落とし?

冬休みの最終日、横浜は元町に繰り出してお気に入りのショップでコートを買いました。ここの服はちょっと高いけど生地と縫製がしっかりしてて長持ちするので、結果的に安上がりです。仕立ても日本人向けなので妙に丈が余ることもなく、長く着まわせます。


さて、3連休は新調コート来てどこに行こうかなと思っていたら、関西出張以降どうも調子悪い。土曜日はとうとう熱出て寝込んでしまいました。連休中は病院も休みなので、ぶっ通しでひたすら寝てるだけ。風呂も入れず髭ボウボウで、枯れたジャン・レノみたいと自虐ネタ。
火曜日にやっと病院へ行ったらインフルエンザでした。

いやね、そうかなとは思っていたんですけど、それにしては37℃台でおさまってるし特有の関節痛も無し。それを先生に言ったら首根っこのリンパ押さえられて、鈍痛が走りました。「ほらここ、リンパで頑張ってウイルス止めてたんですねー」
それは日ごろ鍛えた成果と喜ぶべきか、そもそも罹患すること自体まだ足りないのか。

結局、もう峠越して治りかけてるとのことで薬の処方も無し(咳止め程度)。まさに”睡眠に勝る良薬無し”。正月早々災難でしたが、これで一年分の厄を済ませたと気持ち切り替えて頑張ります。

余談ですが、iPhone Xの顔認証はマスクを認識しないので、そのたびにコードを打ち込まなきゃならないのが面倒くさかった。あれは健康な人向けのデバイスですな。  

Posted by 株式会社ブラスト at 18:05Comments(0)徒然なるままに

2019年01月13日

元気の源

時は遡ること冬休み。広島の実家で兄弟たちが集まって恒例の焼き肉まつりを開催しました。


  ☆殻付き牡蠣を炭火で焼くのが最高です。

みんな元気で仲良く、これが何よりです。ご飯もおいしく仕事もバリバリ働ける一番の源です。

ところで近所のスーパーに買い出しに行ったところ、突然見慣れない男性に声をかけられました。最初はちょっと身構えたのですが、「俺、〇〇だけど」と言われて中学1年のときの友人だと分かり、当時の記憶が蘇ってきました。おー、おお?おー!、と驚愕と困惑が入り混じった”おー”だけが飛び交う謎のおっさん二人。

40年ぶりという久しぶりにしては長すぎるときの流れであちらはすっかり変わっていたのですが、こちらは変わってないようで直ぐわかったと(昔から老け顔?)。
当時は他に数人合わせてプラモデルをよく作っていたものです。共通の友人の名前も出て、話が過去と今を目まぐるしく行き来します。

連絡先を交換してその日は分かれたのですが、家に帰ってジワジワと中学の時の想いが込み上げてきました。その時からモノづくりを目指していたものです。今の仕事もその延長でプラモデル作っているような感覚のまま。いろんな意味で源流に触れた冬休みでした。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:41Comments(0)徒然なるままに

2019年01月11日

オルガノイド4.0

オルガノイドとは細胞塊に遺伝子などを注入して臓器の働きを持たせた組織のことで、どのようにどこまで成長させるかが再生医療に向けた技術テーマの一つになっています。

この専門誌に載っている先生が京都リサーチパークで講演されたので聴講してきました。やはり面と向かって話を聞くと字面を追うだけよりずっと分かりやすく最新情報を得られます。

その後で会場ロビーにて交流会兼プチ展示会が開催されまして、ブラスト社も顕微鏡インキュベータを展示してきました。この中でオルガノイドを育成できることを目指しています。短い時間でしたが中々に深い話が出来て新年一発目のイベントとしては上出来です。

ついでに翌日は関西方面を営業回り。今年の学会は京都や大阪が多く、神戸国際会議場と関西づいています。行く機会が増えると首都圏の会社同士が関西で打ち合わせすることもしばしば。でも川崎は羽田や品川が近くてアクセス抜群なので、関東の北部へ在来線を乗り継いで行くより時間的には短かったりします。

3月に開催される再生医療学会の企業展示ではプレゼンの機会も得ました。近畿経済局が主宰の関西再生医療産業コンソーシアム「KRIK(クリック)」に参加しているのですが、その3枠のうちの1つに採択されたのです。関西企業じゃないのにちょっと出張り過ぎかもしれませんが、”態度は遠慮しつつも行動は遠慮なく”発表してきます。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:57Comments(0)ビジネス細胞培養装置

2019年01月03日

謹賀新年2019

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

毎年恒例、西新井大師に初詣してきました。


お焚き上げの煙を浴びて旧年のお札を返納して新年のお札を求めます。願は専ら家内安全厄除けです。親族揃って皆元気で健康、それが何より。それさえあれば商売繁盛や開運は自力で掴み取る!ということですな。

今年の抱負は色々なテーマの成就。あれやこれやと想いを馳せます。
とその前に、飲む食う寝るの無限ループで怠惰と脂肪が溜まりまくったワガママボディをなんとかしなければ。師走は忙しすぎて筋トレも満足にできていませんでしたしね。

明日からソロリソロリと始動です。まずは年賀状の整理から?!  

Posted by 株式会社ブラスト at 23:25Comments(2)徒然なるままに