プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2018年12月31日

強みを磨く

ブラスト社の顕微鏡インキュベータ、取り付ける顕微鏡の種類が突に増えてきました。底面だけ差し替えれば良いので、簡便に対応できます。

  ☆電動ステージ対応底面付き

どうにかこうにか年内の仕事を終え、やっと一息です。今年は特に慌ただしかった~。来年からの動きに期待がかかります。

年末に突然我が家の冷蔵庫が壊れて動かなくなってしまいました。中の食材を慌てて外に出します(折しも寒波で冷蔵庫並みの気温)。もう15年使っているから買い換えタイミングなのですが、何もこんな時期に壊れなくても。

ネット販売や家電量販店では配送に日数かかります。そこで近所の電気屋さんに行ってみたら、同じようなサイズが売ってて、しかも当日にお届け!即決で買いました。配送車が出回っているから戻ってきて伺いますとのことでしたが、3時間後には来てくれました。近所の電気屋さん、サイコー!

ここの配達車は我が家の近辺をしょっちゅう走り回っていてよく目にします。量販店やネット通販に価格で勝負するんじゃなく、ご近所エリアに特化したサービスで独自性を打ち出しているのです。地域に根付いた経済活動、手広く拡大させるビジネスだけが華じゃないということです。ブラスト社の事業も強みを磨くことを意識して来年の計画を立てていくことにします。

今夜は大晦日。一年を振り返りながら新しいスタートに思いを馳せます。皆様、良いお年をお過ごしください。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:33Comments(0)徒然なるままにビジネス細胞培養装置

2018年12月26日

年末狂騒曲

やっと、どうにか、こうにか、撃退しました。燃え尽きて、何かも真っ白になっちまった。。。

年末の風物詩が今年は出ないやと思って油断していたら、NAGAYA望年会の直後に突如として出現したのです。あの妖怪”年内納 入道”が。
ネンナイノウニュウ~と迫られても実質残り1週間というところでトシアケニナリマス呪文でかわすはずが、油断していたせいでナントカシマス呪文をうっかり使っちまったのです。

この1週間の仕事中が殆ど記憶飛んでますが、なんとか今日で終了、明日は早々とシメます。ナントカシマス。それは禁断の呪文。一定期間は無敵状態ながら反動がデカすぎるので、今回限りで封印です。

でも遡ること25日、素敵なクリスマスプレゼントが届いていました。


NICO-1の3連キットのサンプルです。慌ただしくて開ける間もなかったのですが、やっと手が空いてチラッと覗いてみました。かっこい~こんなの欲しかったんだ!サンタさんありがとう!!(ちょっとオカシクなってるのは自覚してます)

我に返って、でもコレはただ並べておくだけじゃ認知は広がらない。ストーリが必要です、be cultureです(やっぱりオカシイ)。
次の大きな展示イベントは3月に神戸で開催される再生医療学会です。お正月にお屠蘇飲みながらPR方法を練ることにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 15:50Comments(0)徒然なるままに

2018年12月16日

望年会で体験ギフト

週末、入居先のベンチャー施設で”望”年会がありました(忘れるんじゃなく望みの字を当ててます)。年一回くらい顔合わせしとかないと知らない人だらけになるので、このイベントだけは毎年出るようにしています。

お決まりの乾杯にフード、そしてビンゴ大会です。ビンゴって大抵は中々穴が開かないし、終盤にやっと揃うのでそれほど期待していませんでした。しかしこのたびはスタートから次々穴が開いて、なんと1番に揃いました。こんなことは初めてです。

そして賞品はこちら、体験型のカタログギフト「SOW」。

色々なアクティビティがあって自由に選べるのです。これは結構な目玉を引き当ててしまいました。これで当面のクジ運は燃え尽きたか、でも今年はもう終わりだから来年の運気を招くのか(どちらになるかは日ごろの行いがモノを言いそうです)。そういえば去年の望年会ではワインを当てたので、運気を招くほうに乗りましょう。

それはさておきカタログを見ると体験コースが1300以上あって目移りします。ボルダリングやワイナリ巡りは別に普通にやってるので、やはりここは気軽にできなさそうなウェイクボードとかパラセーリングとかに興味が行きます。ただ、場所が長野や山梨などこれまた気軽に行けない。もちろん交通費は自己負担。

無難にワインにするか、旅行に行った時のお楽しみにするか。有効期限はまだ先なので、しばらくは選ぶ楽しみを味合うことにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 11:16Comments(0)徒然なるままに

2018年12月14日

時代はNICO-NICO

先だっての分子生物学会では、その前日の癌3次元培養研究会からの流れもあって3次元培養シートTASCLのサンプル依頼が集中しました。

共培養容器NICO-1は無料サンプルが無いのですが、それでも発売予定の参考展示やポスター発表が効いて結構な注目が集まりました。


2個で1つのNICO-1ですが、こちらは3連。中間のウェルがバッファとなって色々な相互干渉を観察できます。


さらに、小さなNICO-1が48組のNICO-48(!?)は歌って踊れ、、はしないのですが、製薬企業さんが興味津々。


NICO-1のイメージキャラを作ってみました。本屋さんのPOPみたいにわざと手書きにしてます。チラシ類はPCで綺麗に作ってるので、逆にある意味目立ってます。

このキャラを育てて再生医療学会でPR大使を務めてもらうことにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 17:21Comments(0)ビジネス新しいもの細胞培養装置

2018年12月08日

カカオ100%

何やら一世風靡した芸人みたいなタイトルですが、れっきとした食材のカカオ。以前に展示会を手伝ってもらった弊社株主の一人が、自らの経験とコネクションを活かして高品質のカカオ豆の輸入会社トリニタリオ社を設立されています。世の健康&本物志向のトレンドを追い風に高濃度のチョコは女子!に大人気。うまく時流に乗っています。

主にBean to Bar(独自ブランドのチョコづくり店)へ卸すことを目的にしつつ、自らもチョコを作って販売されています。このたび新しいパッケージとしてカカオ豆単独でローストカカオとカカオニブが新販売となりました。


このローストカカオ、見た目はアーモンドのようで、でもカカオの香りがとても鮮やかで一つ食べると虜になります。モルトウイスキーなど蒸留酒のアテに嵌り過ぎて、飲みすぎるのが困りもの。

それを砕いたカカオニブはそれだけを食べると苦さが残るのですが、果物と合わせるとビター&スイートな風味が強烈に広がります。我が家の定番キウイ&ヨーグルトに入れると高級ホテルの朝食さながらです。

ちょっと食べてみたい方はコチラのサイトでご購入いただけます。

カカオは南米のトリニダート・ドバゴから輸入されています。普通の旅行ではまず行かない国と繋がるのは縁尋の妙ならでは。
ご本人も何故こうなって動いてるのか未だよくわからないとのこと。物事が動くときは時代やタイミングが縁に重なって自然と進むのです。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 19:02Comments(0)徒然なるままに料理

2018年12月01日

分子生物学会2018

癌3次元培養研究会に引き続き、パシフィコ横浜で開催された分子生物学会が無事に閉幕しました。お越しくださいました皆様方には厚くお礼申し上げます。



この学会は初出展ながら、かつてないほどの賑わいで超大盛況でした。以前の展示会で経験したコンパニオンさん達に参加してもらって連携はスムーズの筈だったのですが、研究者の方々が大勢押し寄せ、予想外の混乱で対応しきれずお待たせしてしまって大変失礼しました。
学会が国内で最大級の規模ということもあるのですが、基礎系なので弊社商品群の”安く軽く簡便に”というコンセプトがマッチしたのでしょう。それと、今回はNICO-1発明者の先生がポスター発表されたので、そのリンクも上手く活きたようです。TASCLも好評で、新しい培養プロトコルに取り組んでおられる研究者の方々は興味津々。

意外にも顕微鏡インキュベータは結構知られていて、他の先生に薦められて検討中(一番素性の良いPRルート)という方も見受けられます。低酸素インキュベータはリアルに発売日を聞かれまくり、ちょっと冷や汗。ヤバイ、早く仕上げねば。

これは是非とも来年も参加しよう、と次回要項を見ると開催地は博多。。。流石に即決とはいかず、遠いなぁ(1秒)、お金かかるなぁ(2秒)、どうしようかなぁ(3秒)、、、うん、出よう!  

Posted by 株式会社ブラスト at 15:30Comments(0)ビジネス展示会