プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2018年03月24日

再生医療学会2018

先週にパシフィコ横浜で開催されていた再生医療学会2018、無事に閉幕しました。弊社ブースにお越し下しました皆様方には厚くお礼申し上げます。

   ☆京都リサーチパークからの共同出展

展示会場がポスターセッションや休憩ブースから離れていたので来場者は少ないのではと危惧していましたが、昨年の仙台での開催より多いくらいでした。スタッフも説明や案内をしっかりこなしてくれて、ブースは大盛況。
培養ソリューションと銘打ったプロモーションはユーザーの研究者のみならず装置メーカーへの組み込みニーズも十分に掻き立てられたようです。加えて各社の商品とのコラボも複数開拓できました。

展示会キャンペーンとして細胞培養チャンバーは10万円台にて販売y。もはや投げ売り状態ですが、共培養容器「NICO-1」に加えて1月に正式リリースした3次元培養シート「TASCL」を合わせて培養容器とのセットを前面に押し出しました。PCのインクジェットプリンタ方式よろしく消耗品で稼ぐ商売です。

このPRの仕方が本会のトレンドと絶妙にマッチしたみたいで、TASCLとNICO-1に関心が集中しました。とりわけNICO-1の”引き”が強かったのですが、PR効果はもとよりエクソソーム研究そのものが増えてきた感じです。時代が追い付いてきたか?!
それと再生医療の全体的な傾向として、基礎研究から臨床応用へ広がっているように思います。特に多いのが心筋細胞の培養で、やはり先行している臨床例がインパクト絶大なのでしょう。

新規顧客の開拓にマーケットトレンドの情報収集とコラボ商品によるパッケージ増強、平成29年度の大トリにふさわしい大成果でした。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:22Comments(0)ビジネス展示会

2018年03月18日

いちご一会

ホントに春らしく穏やかな気候になってきています。今日は久々にみなとみらいへお出かけ、妻へのホワイトデーとして予約していたインターコンチの苺アフターヌーンティーを頂いてきました。



毎年この時期に出る恒例メニューはこれでもかと苺のスイーツで盛った三段重ねで、甘酸っぱい苺の風味を十分に生かした極上の味わいです。ここまでコンセプトを徹底させていうると、ただただ見事、サービス業の本質を見出させてくれます(すぐ商売に結びつけて考える)。

お値段も見事なのですが、年に一度の演出が上回れば満足度も急上昇。
ふと周囲を見渡すと、これまた見事に女子ばかり。あちこちで”インスタ映え~”と写真撮影が行われています(って自分もそうですが)。

さて、明々後日からここ、インターコンチの会議棟で再生医療学会2018が始まります。今年度も終わり間近で大トリのメインイベント、気合一閃で挑みます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 18:30Comments(0)徒然なるままに

2018年03月15日

小さなことから

ガラスヒーターには温度センサを耐熱テープで貼ってあります。しかし調達の関係でセンサ素子を変えたところ、0.2mm厚くなって上手く貼り付かなくなってしまいました。そこで放熱性の高い接着剤を探して試してみると、ドンピシャの仕上がり。


   ※白いのが放熱シリコン接着剤

固定力はもちろん、温度検出の速さもUP。おまけにゴムのように硬化するので、修理や交換するときでも奇麗に剥がせます。小さなことですが大事なことで、センサの固定がダメならどんな制御をしようが正確じゃなくなってしまいますものね。

3月も半ばで今日からコートが春物にチェンジ、今年度もいよいよ大詰めです。オオトリのイベントである再生医療学会が来週に迫ってきて、最後の準備に追われてます。バッチリ締めて来年度スタートへの弾みとしたいものです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:15Comments(0)ガラスヒーター(実例)ビジネス

2018年03月10日

訪星紀行

シンガポール帰国から随分と引きずっていた疲労感がやっと抜けてきました。気温差が激しかったのと、特に今回スケジュールぎっしりでホテル戻ってもメールや電話でディスカッション&資料作りでしたからね。


ホテルのフィットネスセンターが唯一の息抜き。プールもあってプチリゾート気分で汗を流します。でも周りはクマみたいなデカイ欧米人ばかりで、奴らがガシガシウェイトする中に混じって黙々とエクササーイズ。

予備日程にしていた最終日は追加アポもなく、午後の一件だけを済ませたら夜までフリータイム。もっともお気に入りのラッフルズプレイスに立ち寄りました。


この界隈は高層ビルも立ち並ぶビジネス街でもあります。


観光名所の一つ、文明資料館。シンガポール文化の風を身に纏い、紡がれてきた時間を肌に染み込ませます。


その対岸のボートキーではハッピーアワーで飲み物が半額。今回の成果を噛み締めて、ビールと一緒に腑へ落とし込み、ほろ酔い気分で川べりに佇みます。戦い抜いたビジネスマンの休息ですな。
夕方になったので空港へ移動したけど深夜便なので時間ありすぎて、お土産買いまくり、かなり散財しました。


我が家には大好物のエビロールとTWGのマカロン。とっても美味しい。

姪っ子姉妹にブンガワンソロのクッキー買っていったら(事前に”美味しいよ””というレコメンドめいたリクエストあり)、狂喜乱舞のお礼の嵐に神扱いde伯父の株も急上昇。どんだけ美味しいんだ?次は自分用にも買ってこよう。  

Posted by 株式会社ブラスト at 14:54Comments(0)徒然なるままにシンガポール

2018年03月08日

シンガポール3rd

3度目のシンガポール出張から帰ってきました。日曜出発で今朝の6時前に羽田着、そのままオフィスに出社して荷物を下してやっと無事終了です。


  ☆シンガポールは街中に緑が多いのです。

今回は代理店への説明と取引内容の摺合せが主な目的で、何社かを梯子して駆け回ります。資料や見せ方も刷新して培養ソリューションの全体像をPRしました。今まで様子見っぽいスタンスだったところも、そうなると身を乗り出して聞いてくれます。

何と言いますか、登山で言うならどうにかベースキャンプまで登ってきたかなという段階です。振り返れば確かにここまで登ってきた足跡があるわけで、やればやるほどに課題が見えてくるけど、やるほどに目標へ近づいている感が強まります。

海外展開の第一歩をシンガポールに考えていたのですが、これまたやればやるほど”アタリ”だと、確信から確証へ進化していきます。タイ、マレーシア、インドネシア果てはインドひいては欧米へと、ハブ市場としての役目を国策として推進しているので、その広がり感はハンパないのです。暑くて熱い国、シンガポール。

でも戻ったら戻ったで仕事山積み。今回はいつにも増して盛り沢山の内容で、さすがにちょっとお疲れ。眠い。目を閉じると泥沼に深く沈んでいくようです。飛行機で7時間の道のりは高い頻度でも行けるギリ距離です(それ以上は体とお金が持たんわ)。最低限やるべきことだけやったら今日は帰ります。

  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:59Comments(0)ビジネスシンガポール

2018年03月01日

Win10モバイル

シンガポールへの出張へはWi-Fiルーターを毎回レンタルして持参しています。結構お金が馬鹿にならないうえに、ブチブチ切れます。前回やっすいSIMフリースマホ買ったら現地で即壊れたので、自分のスマホは怖くて使う気になれません。

今度の出張、もういちど買ってみることにしました。そこそこ名の知れたメーカー製で6,800円のをAmazonでポチっと。OSはWindows10モバイルをチョイス。


届いたものをチェックすると、なかなか奇麗で画面も見やすく、意外にサクサク動きます。アプリは不要と思っていたのですが、何とOFFICEが入ってます。流石にこれで作業はしないけど、Version違いでViewrじゃ開けないファイルがあっても大丈夫になります。

これでテザリングも出来ますが、考えてみたらWindowsの環境と同期させられるので、外出時にはルーター機能は要らないのです。ノートPCでの作業はホテルに無線LANありますしね。てか、これにキーボードとタブレットをbluetoothで繋げば最早PC?!

思ったより使えそうなので、現地スタッフ用にもう一台ポチッとしました。価格は前回より下がってて6,500円。こちらでメアドとかブラスト社のクライアント環境を設定して渡せば、端末が現地に置いてあることになります。何かあればシャットダウンさせるだけです。おお、これは便利だ。

通信(直訳したらCommunication)は円滑なやり取りに大事なのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:17Comments(0)徒然なるままに面白ガジェット