プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2017年02月23日

風物詩

再生医療産業化展では以前に出した穴あきチャンバーの納入先も出展されていて、自社製品と組み合わせて展示されていました。

こうやって用途が広がっていくことを期待しています。

さて、もうすぐ決算が迫ってきたこの時期、引き合いも落ち着いてきたかと思ったけどやっぱりヤツが来た。妖怪ネン<ド>ナイノウニュウドウが。
人に憑り付いて「年度内に納入~」「3月までに入れてくれぇ」と昨日あたりから急激に迫ってきてます。先週の展示会でやたら引き合いが来たのはその前兆だったわけです。

毎年のことに早々怯んでもおれず、多めのパーツ在庫に予め組んどいた完成品在庫で何とか凌ぎますが、片っ端からハけていきます。
年末の妖怪ネンナイノウニュウドウと違うのは、こちらも年度末で在庫を処理しなければ過剰在庫になってしまうこと。場合によってはいつもより大きく値引いたりして、一段落したら大赤字なんてこともあります。

だけど、違う見方をすれば格好の宣伝になるのです。大掛かりな展示会イベントに出展したと思えば赤字もなんのその。ガクンと売り上げが下がる4月を底上げしておけるので、東奔西走・獅子奮迅です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:04Comments(0)徒然なるままにビジネス