プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年12月28日

仕事納め

年末年始は天気がよさそうでなによりです。


 ☆グラデーションのような夜明け

今年の仕事は終わって今週はのんびり、、、してるはずなのに、お正月は心おきなく休みたいからか、皆さん検討事項をどんどんブっ込んできます。
中には“今日中に”なんてぇのもあって、知るかっ!とつい毒づいてしまいます。

でも、大晦日のアメ横みたいなゴタゴタ状態も昨日まで。今日は大掃除して在庫パーツを整理したら昼には終わりです。ビールでも飲みながら新年からのプランを練ることにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:45Comments(0)徒然なるままに

2016年12月25日

孔開けチャンバー

以前に紹介したガラスヒーターへの穴あけですが、もちろん穴をあけた細胞培養チャンバーも製作できます。

培養用のお皿(35mmディッシュ)での細胞を高い倍率で観察するのに、顕微鏡の対物レンズをできるだけ近づけたいのでレンズ部分だけガラスヒーターを無くすのが目的です。



当然ながら孔の周径では温度差が大きくなってしまいます。でもチャンバーにはすべて自律温調機能があって、ヒーター温度とターゲット(ディッシュ)温度を同時に検出して、制御対象を切り替えながらターゲットが安定するように温調します。

なので温度差がダイレクトには影響しませんが、実際には孔の径によっては温度差も大きくなって伝熱に関わってくるため、個別にレイアウトを調整します。後は、使い方次第です。

さて、最後の年内納入の工程が終わり、ようやく落ち着きました。妖怪ネンナイノウニュウドウは必殺呪文の「トシアケニナリマス」でとっくに消え去り、今週は溜まっている書類のまとめと大掃除です。パートさんも年明けから一人増えるので、指示が混乱しないようルーチンワークを整理しておきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:22Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2016年12月22日

デスクトップFAB

オフィスにある3Dプリンタは大活躍です。ポチッと印刷ボタン押したらギコギコ動いてブツが出来上がってきます。
だけど製作範囲が広がると切削マシンが欲しくなります。切削は外注に出していてだいたい2週間かかるので、テストショットなら直ぐ造ってみたいものです。

切削用のCNC旋盤なんて工場に置くものと思っていたけど、今や机サイズのマシンも出ています。そこで、前から狙いを付けていた機種のワークショップに行ってきました。


PCで簡単なモデルを作図してデータをマシンへ送る、と。おお、目の前で刃物が動いて板を削り、徐々に形どってきます。

工場専用マシンに比べたら機能性能は最小限だけど、テストピースは作れそうです。机上の空論とは役にたたないことへの冠言葉ですが、今や机上でモノづくり出来る時代。発想力で勝負できます。

とはいえ、その上位機種を見たらそっちのほうが欲しくなりました。これなら商品用パーツも作れる!お値段はそれなりに高いけど年間の外注費よりは安いので1年もたたずに元が取れます。

でも重量が120kg!!流石にオフィスでという訳にはいかない。広くなくてもいいけどコンクリート床が必要です。

期待と現実の狭間で悩ましい今日この頃です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:20Comments(0)ビジネス新しいもの

2016年12月13日

ファイナル進出

この前受けた「かながわビジネスオーディション」の2次審査、通過しました。

審査員の批評は概ね良い感じですが、中には自分も気づかなかった指摘があったので、練り直してファイナルに挑みます。
こんな風にプランを客観的に見直してくれる点が、ビジネスコンテストに参加するメリットの一つです。

観客も入れてのファイナルは2月1日にパシフィコ横浜で開催されます。同時期にテクニカルショウヨコハマ展示会もパシフィコ横浜で開催されます。主催が同じ神奈川県の関係団体なので、絡め手で盛り上げるようです。奨励賞を獲った産業NAVI大賞も全受賞企業をパネル展示するとのことで、賑やかになります。

テクニカルショウヨコハマは5年前に出展しました。当時はまだ培養チャンバーなどの理化学製品を手掛けていない、単にガラスヒーター素材だけの受注販売でした。


  ☆2011年。この頃のブースはデザインも素っ気もないもの。自分もまだ若かった?!

今度は満を持してのお披露目ですから、"派手に行きます"(←最近のお気に入りフレーズ)

他にも機械系、新事業系のビジネスプランコンテストに応募しまくっています。今まで控えめにしてた分、今年度は思いっきり露出高いです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 13:51Comments(0)ビジネス

2016年12月01日

ポトフ~ヤツが来た~

寒いのと冷蔵庫に余った野菜を活用するのとで、今日の夕食はポトフ作りました。


これでもかと野菜ぶっ込んで、鶏肉とウインナ詰めたら鍋がパンパンで具材が溢れでそう。流石に入れすぎたかと思ったけど、煮込む程よく馴染んで美味しくなりました。

今日から師走です。今年はもう来ないかと思っていたら、、来ましたネンナイノウニュウドウ。こちらもガンガンぶっ込んできます。

11月30日から分子生物学会がパシフィコ横浜で開催されて、商社のブースでブラスト社の顕微鏡インキュベータが出展されているので見に行こうと思っていたのですが、とてもとても。

それでも協力工場の力を借りて何とかなりそうです。ものづくりのパートさんもかなり手馴れてきて、任せて安心。
製作ノウハウの蓄積だけじゃなく、いつのまにか製造キャパも増していたみたいです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 22:59Comments(0)徒然なるままに料理