プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年12月25日

孔開けチャンバー

以前に紹介したガラスヒーターへの穴あけですが、もちろん穴をあけた細胞培養チャンバーも製作できます。

培養用のお皿(35mmディッシュ)での細胞を高い倍率で観察するのに、顕微鏡の対物レンズをできるだけ近づけたいのでレンズ部分だけガラスヒーターを無くすのが目的です。



当然ながら孔の周径では温度差が大きくなってしまいます。でもチャンバーにはすべて自律温調機能があって、ヒーター温度とターゲット(ディッシュ)温度を同時に検出して、制御対象を切り替えながらターゲットが安定するように温調します。

なので温度差がダイレクトには影響しませんが、実際には孔の径によっては温度差も大きくなって伝熱に関わってくるため、個別にレイアウトを調整します。後は、使い方次第です。

さて、最後の年内納入の工程が終わり、ようやく落ち着きました。妖怪ネンナイノウニュウドウは必殺呪文の「トシアケニナリマス」でとっくに消え去り、今週は溜まっている書類のまとめと大掃除です。パートさんも年明けから一人増えるので、指示が混乱しないようルーチンワークを整理しておきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:22Comments(0)ガラスヒーター(実例)