プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年11月28日

宇宙、キター!

無重力での培養実験装置に関する検討が煮詰まってきたので、先週末は筑波の宇宙センターへ打合せに行ってきました。


  ☆日本が担当する実験室「きぼう」は赤い丸印。思ったより大きい位置を占めています。

何せ全く経験したことのない世界。そこへ向けた創造には想像が必要です。それでも出来る限り情報収集して、少しでもリアルに近づけられるよう務めます。その課題解明プロセスは他にも幅広く応用できるので、搭載の可否にかかわらず基礎技術力の底上げとして積極的に取り組んでいます。

ところで、前回の打ち合わせで、センターの担当の方が物理的な位置を指すのに「上」という単語を仕切りに使っておられました。体育館くらいの広大なスペースで所狭しと機材が置かれ、"これは「上」に持って行きます"とか、"これは前に「上」から下ろしたものです"とか。

「上」?屋上に物置でもあるのかと思っていたら、何と遥か頭上の宇宙ステーションのことを指していたのです。違いすぎる大きいスケールなのにまるでお隣さんを示すように平然と話す口ぶりからは、如何にミッションが日常となっているかが伺い知れます。ミーハーだけど、カッコイイ!

まだまだコンペは先で、やってみないと分からないこともあるけど、ギリギリまで考えて考え抜いて、最後に絞りだされる一滴が血肉となると信じて、力を尽くすのみです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:09Comments(0)ビジネス新しいもの

2016年11月24日

ガラスヒーターも用途が広がると、穴を開けたい要望が出てきます。機械部品を通したいとか光学干渉を無くしたいとか、背景は様々。

穴を開けること自体はできます。


できることはできるけど、本来の目的に沿うかは別問題。穴周辺の電流密度が偏るので温度分布も偏ってしまいます。ガラスヒーターはあくまで部品なので、システムとして使えるようにするには調整やセッティングが重要になります。

さて、ガラスヒーターもシーズン真っただ中。いつもこの時期は妖怪ネンナイノウニュウドウが騒ぎ出し始めますが、どうも今年は出てくる気配がない。もちろんヒマというわけではなくいつも以上に忙しいのですが、去年の暴走気味の騒ぎほどではありません。

別に注文が減っているわけでなく、手のかかる特注品も例年並みの流れです。が、残り1週間で師走とは到底思えない(色々な意味で)。

ただ、特注品の工数が大幅に低減できていることは確かです。一から設計するケースが減り、過去の製作例の一部変更で対応できる事が増えているから。実績が良い仕事をしてくれているわけで、いわゆる仕事の貯金、いや貯仕事です。
ガラスヒーターに穴を開けることにしても、経験があるので課題を予測した上で色々と提案できます。

溜めるのはダメだけど貯めるのは良いですね。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:48Comments(0)ガラスヒーター(実例)ビジネス

2016年11月20日

今年のボジョレーは

17日、ボジョレーヌーボーが解禁されました。正直に言うと新しいワインなんてそんなに美味いものではありません。でも店先に並ぶのを見ると条件反射のごとく買ってしまいます。まあ、豊穣を祝うイベントですから。

平日は呑まないようにしているので、週末いただきました。メニューは鳥とキノコのデミグラスソース風煮込み(チーズとじ)。



さて今年は、、、う、うまーい!香りが凄くフレッシュで口に含むと爽やかな風味が広がります。去年はブドウ味のアルコール飲料といった感じでひどかったけど、うん、今年のは上出来だ。こいつはいけねぇ、杯が進んでしまう。妻とほろ酔い、良い気分。

やっぱり先入観で決めつけてはいけません。負担になっていない習慣なら続けていて良いことあります。なんでもかんでも合理的に選択していたら、思わぬ出会いも出来事も無くて味気ないですものね。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:09Comments(0)徒然なるままに料理

2016年11月16日

自分を知る

敵を知り己を知れば百戦殆うからず。自分のことをちゃんと知るために体組成計を買いました。大手メーカー製ながらン千円と安く、体重や体脂肪率はもちろん基礎代謝や皮下脂肪、筋肉量など色々測れて体年齢まで出ます。



さっそく測ってみると、全項目で見事に標準ど真ん中!日頃の筋トレは成果出てます。

さて、絞り込みは達成できたことだし、今まで週2回やっていたのを今度はバルクアップ目指して毎日行う部位別プログラムへ切り替えました。戦うアスリートなら順番が逆(肥大化させて絞り込み)なんでしょうけど、自分のはあくまで健康筋トレですからね。

部位別プログラムとは今日は腕回りだけ、明日は胸回りだけ、明後日は腹回りだけという具合に特定の部位だけ負荷をかけて他の部位は休ませ、疲労⇔回復に必要な期間(2~3日)を確保するものです。

以前は全身が疲労困憊するまでやってたから、展示会が続いたりするとどうしても出来ない時がありました。これなら総負荷量を増やしつつも1日の時間は短く済むので、空き時間にサクッと出来ます。

やってて気づいたけど、部位別プログラムは緊張(ストレス)と緩和(リラックス)のサイクルを集中的に回すやり方です。
最近では脳についてもずっと思考を巡らすのでなくボーっとする時間が重要と言われています。ハイパーサーミアでも熱そのものではなくヒートショック(温度差)が細胞への影響を図ると捉えて、それに合わせた制御を作り出していました。

何にしても、漫然とした状態じゃ鈍るか擦り減るかのどっちかになるわけです。先生も走る師走が近付いて体も仕事も調子を崩しがちなこの時節、メリハリ付けて乗り切ります。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:06Comments(0)面白ガジェット新しいもの

2016年11月12日

ファミコン

一昨日、初代ファミコンがリニューアルで販売されました。本体は手の平サイズに小さくなってソフト30本を内蔵して税込6千円ちょっと。懐古人気も手伝ってか予約も早々と終了して、ネットではプレミアついて8,000円くらいになってます。自分は予約受付はじまって直ぐ申し込み、発売日に手に入れました。


  ☆最初はやっぱりスーパーマリオ

荒いドットに無機質な電子音。懐かしい。何もかも、懐かしい。学生の頃に夢中になって大勢で楽しんだ記憶が、ゲームとともに蘇ってきます。攻略本も出回って隠しコマンドで必殺技を披露しあうのがまた楽しかった。

それからスーパーファミコン、初代プレステと続いてゲーム業界の浮世真っ盛りだったでしょうか。社会人になって自由になるお金が増えた頃は、ゲームソフト買いこんで寝食忘れて何時間も熱中し、挙句の果てに出張で行く予定の飛行機に乗り遅れたこともあったりして。

今や主流はスマホゲームとなり、時代の移ろいと儚さを感じます。ゲーム専用機も頑張ってCGで映像は格段に奇麗になったけど、老眼がひどくて出来ないwww。そういうおっさん世代の懐を狙った昭和レトロのあざといマーチャンダイズが最近は多いなぁとは思うのですが、つい乗ってしまうのです。

なんて言いながら妻と二人、マリオに夢中。熱くなって仕事も家事も忘れそうになるので、今日のところは封印です。他にもパックマンとかドンキーコングとかグラディウスとか、もうどうしましょ。30分たったら切れるようなタイマーでもつけないと危険です(子供かっ!)。  

Posted by 株式会社ブラスト at 14:24Comments(0)面白ガジェット新しいもの

2016年11月10日

マイクロヒートセル

微量な試料を加熱しながらレーザーを当てて成分解析する、分光分析用のマイクロセルを新しくしました。


以前の構成に比べて使いやすさをUPさせました。モノづくりが進むと自然に見た目すっきりします。


今はまだ特注扱いで型番も無い状態(商品名も定まらない)ですが、幾つか出している先からの評価を待って大々的に新発売します。ガラスヒーターを中心に据えて色々な応用が広がります。

昨日は顕微鏡インキュベータで応募していた「かながわビジネスオーデション」2次審査のプレゼンに行ってきました。質疑応答を難なく終えて少しアピールしすぎたと反省です。なぜならこのコンテストは"アイデア"が評価対象で、ビジネスとして進みすぎていたら対象外になるのです。

逆に、この前の産業NAVI大賞は"どれだけビジネスが進んでいるか"を評価するもの。同じテーマで出していたのが奨励賞だったことから(実際は次点で優秀賞だったらしいけど)、この製品は良く言えば発展途上、悪く言えば中途半端。まだまだ精進ですなぁ。

2次審査を通過したらパシフィコ横浜で大勢の前でのプレゼンです。1ヶ月後くらいに最終プレゼンへの通過者が発表されるので、結果を待つだけです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:05Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2016年11月08日

再生医療産業化展2017

さて、来年のことを言ってももう鬼は笑わない時期。近くのショッピングモールでクリスマスソングが流れていたのはさすがに"早ぇーよっ"と突っ込んでしまいましたが。

2月はインテックス大阪で再生医療産業化展があります。去年は近畿経済局の共同出展枠で980mmの机一つで顕微鏡インキュベータを出展しました。

  ☆去年の様子です。

今年も申し込んでいて採用されました。普段はメールと電話で打ち合せする関西方面のお客さんに会える機会にもなります。スペースが幅700mmの机一つになって狭くなったのですが、無料だから文句言えません。
でも今回はNICO-1ギンレイラボさんも出展されることになり、隣同士にしてもらいました。ギンレイラボさんから委託されてブラスト社がNICO-1も一緒に宣伝します。

今までNICO-1はブラスト社が代理店となって取扱う商品として展示していました。すると顕微鏡インキュベータやガラスヒーターが製造元で展示されているので、NICO-1の出自が分かりにくくて、お客さんも仕入先が定まらない問題がありました。

それがギンレイさんの社名がドンと前に出ることで明確になり、PRしやすくなって商品の訴求力も上がります。それに2社分を合わせて幅1400mmになって動線を広く使えます。いつも顕微鏡インキュベータにセットして展示していたので、やること自体は変わりませんから、スペースも有効利用できます。

良いことづくしの連携出展、3月の再生医療学会に先駆けてのお試しです。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:30Comments(0)ビジネス展示会

2016年11月05日

Made in 俺

新価値創造展の閉幕後の帰り道、ビッグサイトの特徴的な逆三角にプロジェクションマッピングが施されていました。写真が下手ですが、夜空に映えて奇麗でした。



最近の展示会では日本の技術を輸出したい商社&導入したい海外メーカーが多く来訪されます。中でも顕微鏡インキュベータは注目の的。その際に必ず聞かれるのが技術の「氏素性」です。どこで作っているのか、日本製か、権利は誰が持っているのか等々。

理化学機器は江戸ギヤマンの時代に端を発するほど伝統と歴史が長い業界ですから、医療機器業界から参入した新参者がいきなり製品出しても、そりゃ半信半疑ですよね。自社オリジナルと説明しても中々伝わりません。中にはMade in Japanかと何度も聞いてくる人がいて、思わず叫んでしまいました。

「こいつはMade in "俺"です!(ワシが作ったんじゃぁあ!)」

そう言うと驚きながらも去って行ったので、ドン引きされたかもしれません。でもこのフレーズが妙にツボに嵌ってしまい、度々使っています。

今でこそ工場の品質管理の元でアセンブリされてる商品ですが、一番最初の頃はガラス基材に膜を手塗り、制御基板は秋葉原で買ったパーツをハンダ付け、躯体はホームセンター&100均の素材を彫刻刀で削ってドリルで穴開け。火傷や切傷こさえながら作ったものでした。(夏休みの工作かよっ)

軸足の中心が自分だと応用を広げてもブレないし、新しいテーマがどんどん生まれます。NICO-1や3次元培養容器も発明者の先生方が自ら手を動かして作り上げたものだから、異分野コラボも進むのです。  

2016年11月03日

新価値創造展2016

新価値創造展2016が無事に終了しました。弊社ブースにお越しいただいた方々には厚くお礼申し上げます。



以前から、展示会に出展するとネット経由で問い合わせが急増する傾向があり、アクセスの一時的増加に伴うヒット率の向上が背景にあると考えていました。そこで今回はその検証のために展示物を簡素にしました。チラシは置いて、"詳しくはWEBで"と導きます。

さて、このたびの名刺交換枚数は今までの展示会で過去最少。しかし会期中のネット経由の引き合い&受注件数は過去最多となりました。
11月は寒くなって問い合わせが増えるシーズンでもありますが、それを差し引いてもネット連動の効果が立証されたわけです。ネット経由の引き合いは出展自体を周知されていない方々が大半ですから。

もう商業展示会はカタログ置いとくだけでいいじゃん。。。って、中にはブラストを目指してくる方もおられるのでそういうわけにもいかないのですが、製品をズラリと並べまくるだけの今までの展示スタイルを見直す必要はありそうです。
学会の附設展示はアカデミックにデータ&技術を前面に押し出し、商業展示はもっとこうイメージに訴えかけるプロモーション方法、それもお祭りイベント的にガツンとデカく華やかに。

次の大きなイベントは来年3月の再生医療学会。それまでに小さな展示会が2,3あります。今月中旬は初のDM配布があります。それにともなってサイトもリニューアル予定。来年度のPRプランを意識して色々試してみるつもりです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:39Comments(0)展示会