プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年11月28日

宇宙、キター!

無重力での培養実験装置に関する検討が煮詰まってきたので、先週末は筑波の宇宙センターへ打合せに行ってきました。


  ☆日本が担当する実験室「きぼう」は赤い丸印。思ったより大きい位置を占めています。

何せ全く経験したことのない世界。そこへ向けた創造には想像が必要です。それでも出来る限り情報収集して、少しでもリアルに近づけられるよう務めます。その課題解明プロセスは他にも幅広く応用できるので、搭載の可否にかかわらず基礎技術力の底上げとして積極的に取り組んでいます。

ところで、前回の打ち合わせで、センターの担当の方が物理的な位置を指すのに「上」という単語を仕切りに使っておられました。体育館くらいの広大なスペースで所狭しと機材が置かれ、"これは「上」に持って行きます"とか、"これは前に「上」から下ろしたものです"とか。

「上」?屋上に物置でもあるのかと思っていたら、何と遥か頭上の宇宙ステーションのことを指していたのです。違いすぎる大きいスケールなのにまるでお隣さんを示すように平然と話す口ぶりからは、如何にミッションが日常となっているかが伺い知れます。ミーハーだけど、カッコイイ!

まだまだコンペは先で、やってみないと分からないこともあるけど、ギリギリまで考えて考え抜いて、最後に絞りだされる一滴が血肉となると信じて、力を尽くすのみです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:09Comments(0)ビジネス新しいもの