プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年11月10日

マイクロヒートセル

微量な試料を加熱しながらレーザーを当てて成分解析する、分光分析用のマイクロセルを新しくしました。


以前の構成に比べて使いやすさをUPさせました。モノづくりが進むと自然に見た目すっきりします。


今はまだ特注扱いで型番も無い状態(商品名も定まらない)ですが、幾つか出している先からの評価を待って大々的に新発売します。ガラスヒーターを中心に据えて色々な応用が広がります。

昨日は顕微鏡インキュベータで応募していた「かながわビジネスオーデション」2次審査のプレゼンに行ってきました。質疑応答を難なく終えて少しアピールしすぎたと反省です。なぜならこのコンテストは"アイデア"が評価対象で、ビジネスとして進みすぎていたら対象外になるのです。

逆に、この前の産業NAVI大賞は"どれだけビジネスが進んでいるか"を評価するもの。同じテーマで出していたのが奨励賞だったことから(実際は次点で優秀賞だったらしいけど)、この製品は良く言えば発展途上、悪く言えば中途半端。まだまだ精進ですなぁ。

2次審査を通過したらパシフィコ横浜で大勢の前でのプレゼンです。1ヶ月後くらいに最終プレゼンへの通過者が発表されるので、結果を待つだけです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:05Comments(0)ガラスヒーター(実例)