プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年10月29日

NICO-チャン

「NICO-1」で簡便に細胞培養できるよう、小さいポケットチャンバーを誂えています。これを標準の大きさの培養チャンバーに設置できるよう、専用のアタッチメントを作ってみました。


2組のNICO-1を3列配置できます。隙間を詰めれば4列配置できそうですが、ちゃんと培養できるか確認してからのほうがよさそうなので、広々3列にしました。
ただいまNICO-1の無償サンプルを希望される先生方に配っていますが、このアタッチメントを使って標準チャンバーにNICO-1をセットすれば、比較する培養条件を多く設定できるメリットがあります。



こうしてバリエーションを充実させています。さっそくネーミングを色々考えていますが、候補の中で一位は「NICO-チャン(仮)」。
あ、いや、NICO-1のチャンバーということであって、何か他のキャラとは無関係です。

さて、月曜日から新価値創造展2016がビッグサイトで始まります。最近の展示会では「顕微鏡で細胞培養」できる商品群を中心に展示していましたが、このたびは初心に戻ってブラスト社のキーデバイスであるガラスヒーター&応用商品を展示します。もちろん大きくて目立つ培養装置は不動のセンターですけど。
初心と言ってもレベルは数年前と段違い。高温下での光学解析で使われてきた実績を活かして、ヒート&レーザー(いま思いついた)を推していきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 19:53Comments(0)ガラスヒーター(実例)チャンバー

2016年10月26日

下町バイオ

顕微鏡インキュベータは徐々に実績が増え、色々な分野への応用検討も進んでいます。今、一番新しいのが無重力での培養システム。そう、宇宙での実験用途です。


   ☆ロケットは横たわっているほうが大きさを実感できます。

まだ初期の検討段階で他社とのコンペなので正式採用になるかもわかりませんが、ブラスト社というより自分自身が力を入れているテーマです。
ビジネスとしては利益は期待できずむしろ自社研究費使うレベル。でもその先にある大きな成長とか強い会社づくりに欠かせない重要なステップになるでしょう。

宇宙はブログタイトルのエンジニア上がり社長が今まで培った技術経験や実績を最大限に活かせるテーマ。しかも他の受注案件は大体終わっているかルーチン工程に入って手を離れ、集中して取り組める状態です。

何だか血沸き肉踊ると言うか、ワクワクしてきます。何といっても宇宙!です。ハイパーサーミアを開発していたときのようなロマンを感じます。だって自分の開発したものが宇宙で使われる(かもしれない?!)のですから。しかもちっちゃなベンチャーから生み出されたものがでっかいロケットに乗って飛んでいくなんて。

ベンチャーは利益のみにて生くるに非ず、ロマンが糧になるのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:27Comments(0)ビジネス

2016年10月21日

NICO-1、キター!

ただいま秋のNICO-1キャンペーンで、無償サンプルが届きました。癌学会やバイオジャパンでメールでお申し込みいただいた方へさっそく配布して、顕微鏡インキュベータの顧客開拓につなげていきます。



NICO-1は発明者である金沢医大の先生が自らギンレイラボさんを立ち上げ、総販売元となってビジネスを推進させておられます。その先生から昨日、石川県のベンチャービジネスコンテストで優勝されたと連絡がありました!

さすが加賀百万石だけあって豪快に大々的に開催され、その中でのダントツ1位の評価だったそうです。いや目出度い♪

とはいえ、優勝するだろうなとは思っていました。きちんとしたバックグラウンド(やれること)、想い(やりたいこと)、リスクテイク(やるべきこと)の3点が揃った正統派&王道ベンチャーですから。それが第三者からのお墨付きが得られたことで、ますます弾みがつくでしょう。

こういうときは調子乗ってノリと勢いでとにかく進むのが吉。ということで来年3月の再生医療学会で共同出展を計画しています。顕微鏡インキュベータと隣り合わせで互いの強みを活かします。
このたびの開催地は仙台でちょっと遠いからどうしようかなと迷っていたのですが、このウェーブに乗らない手はないっ(調子乗ってるのは自分か?!)。

NICO-1の難点は小さくて展示PRが映えないこと。そこで電飾パネルとか大きな模型とか目立つものを考えています。コンパニオンさんツートップもいいけど、ゆるキャラ「NICO-1」くんってのも良さそう。
ブラストも一昨年の展示に「ガラスくん」とか作ったら、やっぱりアイキャッチになって気を引いてくれる人もいましたし(ちょっとキャラのセンス不足も否めなかったのはご愛敬)。

お互いの勢いがあってこそコラボの効果が大きくなります。ブラスト社も今年はコンテストに応募しまくりで、力いっぱい露出高めていきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 11:11Comments(0)ビジネスチャンバー

2016年10月18日

ストレスあり升

先週のバイオジャパンは神奈川県の中小企業が共同出展する神奈川パビリオンの一枠でした。再来週はビッグサイトで開催される中小企業庁主催の新価値創造展があります。


おやじファイトクラブは会場の関係で休止中で、筋トレを自宅にて継続していますが、このところ展示会続きでままならず。食事も簡単に取れるようパンやおにぎりなど炭水化物が増えます。そうしたらベルトの孔位置が一つ増えてしまいました!
サボったのはたった2週間くらいなのに、鏡で見てもお腹がポコっと出てます。変化に敏感な体質になってしまったようで、それだけ普段がバランス取れている証でしょうか。

筋トレは言うまでもなく筋肉に負荷(ストレス)をかける動作で、その回復過程で強くなっていきます。適度なストレスが無いと締りが無くなってくるものです。さっそく筋トレ再開ですが、いつものメニューがこなせません。また継続して取り戻していきます。

ビジネスもストレスが世の中の問題になっていますが、その本質は自分の言動を他人から左右(制限)されること。
ブラスト社としてはガラスヒーターという特殊な要素技術を持つことで、小さなベンチャーながら意思を貫くストレスの無い立場を築けています。これも健康的なようで、他への配慮が欠けてしまう恐れもあります。特に最近、主張しすぎるあまり言い過ぎたなぁと”後で”顧みることが多いです。

阿(おもね)る必要はありませんが、慮(おもんぱか)ることは大事です。ベンチャー社長は自分で自分にストレスかける(律する)管理能力が問われますね。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:32Comments(0)徒然なるままに

2016年10月15日

バイオジャパン2016

バイオジャパン2016、無事終了しました。ご来場いただきましたお客様には厚くお礼申し上げます。

この展示会はマッチング(事前予約による面談)主体で、とりわけ製薬企業と原料企業の商談が多く進められます。その反面、会場は閑散としがちですが、行政の共同枠で低価格にて出展できるので、数年前から気楽に参加しています。机一つの小さなスペースなので、今回は顕微鏡インキュベータとNICO-1だけの展示です。

しかし今年から再生医療JAPANという別枠の展示会が併設されていて、その流れで細胞培養に関連する多くの人がブースに訪れ、大賑わいでした。午後はもうしゃべりっぱなしながら、今回はコンパニオンさんを3日間とも手当てしていたのでスムーズに回せました。


色々な顕微鏡に乗せての使用例がコツコツ、チマチマと蓄積されているので、質問や引き合いに対しても明確に回答できます。ただ、先月のJASISで見たというお客さんもチラホラ来られ、この製品はいろんな会社が出していると勘違いされたりすることもあります。製品さえ認識できれば自然とブラストに行きつくので今はそれでも良しとしていますが、やっぱりブランド戦略を見直さねばなりません。

再来週は東京ビッグサイトでの新価値創造展です。秋の販促シーズンにおける一つの区切りで、これが年末年度末の集中受注につながってくるので、しっかりPRしてきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 16:14Comments(0)展示会

2016年10月12日

すったもんだ

一昨日の夜からダウンしていたメールサーバーがやっと復旧しました。
メールそれも受信ができないのは大変でした。送った側には何の通知もいかないので届いていると認識してしまう。受け取るこちらも誰が何を送ったか把握できないので、もやもやMAX状態。
こわごわ受信フォルダを開いてみると、幸いなことに急ぎのメールはありませんでした。

通信インフラの発達がベンチャーの発展につながっているのは間違いないのですが、依存度が大きいと諸刃の剣です。逆にこちらが送る時も、最近は大事なメールのときは電話で”届きました?”なんて確認することが必要ですね。

気を取り直して、今日からバイオジャパンが始まりました。初日は知り合いが多く訪れてくれて、意外に盛況です。おまけに隣接するブースの人たちと技術のコラボができそうだと四方山話にも花が咲き、あっという間に終了時刻になりました。

この季節になると夕方は真っ暗です。産業NAVI大賞受賞式の帰り道は夕暮れだったのが、先週の癌学会からは夜景です。横浜みなとみらいは夜景も映えます。


しかし先週の癌学会に続いて2週連続は流石に体キツい!ブースで立ったまま寝ていたりして。あと二日、気合い入れて頑張ります!
  

Posted by 株式会社ブラスト at 20:08Comments(0)徒然なるままに

2016年10月09日

癌学会2016

癌学会2016の附設展示が無事終了しました。弊社ブースにお越しくださいました方々には厚くお礼申し上げます。

癌学会は初出展ながら非常に濃い内容でした。名刺の数は商業展示に比べたらずっと少ないものの、キーパーソンになりえる方との出会いが多く、今後の展開にも期待が持てます。他の出展企業には弊社の顕微鏡インキュベータのお客さんが何社かあって、先月のJASISでも感じたブランドづくりのきっかけになりそうなので、来年は予算を増やして挑む予定です。



今回はNICO-1専用チャンバーを中心にA0ポスター1枚使ってサンプル提供も呼びかけました。偶然にも発明者である金沢医大の先生がブース近くのポスターセッションで発表され、それを見た先生方が”自分も使ってみたい”と来られます。学会では単に展示するだけじゃダメで、やはり学術発表とセットになって初めて効果を出すものと改めて実感しました。
論文とそのエビデンスに基づく商品ストーリまで出来上がれば、今度はランチョンセミナーまで開催したいものです。

さて、直前の調整ミスで人員確保がバタつきましたが、ものづくりのパートさんにも手伝ってもらって運営は何とかなりました。
なんせ日中は先生方も発表を聞かれているので展示会場は閑散としていますから。それがポスターセッションの時間帯になると、会場すぐそばに設けられているエリアに一斉に降りてこられ、混雑します。来年のスタッフ配置は午後に集中させるシフトで良いかもしれません。

幸か不幸か、弊社ブース目の前は夕方から交流コーナーに模様替えされてビールやワイン、オードブルが並びます。もちろん来訪者が増えて喜ばしいことなのですが、グラス片手のほろ酔い気分の先生もちらほら来られて辛抱たまらんっ!
営業側が赤ら顔で対応するのもしまらないので飲みたいの我慢してましたが、こっちが素面だとお酒ってすごく匂うのですね。

でも発表時間帯にアルコール出る学会って初めてで、それならそれで弊社ブースにビールサーバー置くのもアリです。そしたら乾杯!って一緒に飲め、、、いやいや、最強のキャッチフレーズ「冷えたビールあります」で先生方を強力に呼び込めます。

さあ、休む間もなく今週はバイオジャパンです。会場は同じくパシフィコ横浜。いっそ展示物はそのまま保管しておきたいくらいですが、近くだし展示物も小さいので頑張って搬出入します。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:25Comments(0)展示会

2016年10月05日

販促シーズン

早いものでもう10月、今年度の下期スタートです。
顕微鏡インキュベータも実績や使用例が増え、色々な研究室にて色々な顕微鏡で使われています。



しかし、ちょこちょことマイナートラブルも出てきています。ネジを間違えたとか、コネクタが差し込まれていなかったとかのレベルなので直ぐ対応します。中にはお客さんがスイッチを入れ忘れていたとかいう、お互い笑い合う(しかなかった)例も。
出荷が増えればの理とばかりも言ってられないので、マニュアルの見直しが急務です。

さて、今月は展示会イベントが3つも入っています。明日からはパシフィコ横浜で癌学会の企業展示。NICO-1を発明した先生も発表に来られるので、気合いが入ります。

しかししかし、スタッフの日程調整を間違えてて、なんと運営は自分一人という事態に!いやもう完全にこちらの連絡ミスです、はい。知り合いのイベント事務所に駆け回ってみましたが、普通は2か月前から予約するので無理です、はい。

幸い、ひっきりなしにお客さんが来場する商業展示と違って、学会では先生方が発表される時間帯は展示会場もヒマなので、何とか回せなくはないです。それに3日目の最終日だけコンパニオンさん来てくれることになりました。だいたいが展示会は水木金なので、3連チャンの後に来てくれるんだろうなぁ、悪いなぁ。

大きなトラブルの前兆に小さなトラブルが起こるのも理なので、気を引き締めて下期に挑みます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:04Comments(0)ガラスヒーター(実例)ビジネス展示会