プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年10月05日

販促シーズン

早いものでもう10月、今年度の下期スタートです。
顕微鏡インキュベータも実績や使用例が増え、色々な研究室にて色々な顕微鏡で使われています。



しかし、ちょこちょことマイナートラブルも出てきています。ネジを間違えたとか、コネクタが差し込まれていなかったとかのレベルなので直ぐ対応します。中にはお客さんがスイッチを入れ忘れていたとかいう、お互い笑い合う(しかなかった)例も。
出荷が増えればの理とばかりも言ってられないので、マニュアルの見直しが急務です。

さて、今月は展示会イベントが3つも入っています。明日からはパシフィコ横浜で癌学会の企業展示。NICO-1を発明した先生も発表に来られるので、気合いが入ります。

しかししかし、スタッフの日程調整を間違えてて、なんと運営は自分一人という事態に!いやもう完全にこちらの連絡ミスです、はい。知り合いのイベント事務所に駆け回ってみましたが、普通は2か月前から予約するので無理です、はい。

幸い、ひっきりなしにお客さんが来場する商業展示と違って、学会では先生方が発表される時間帯は展示会場もヒマなので、何とか回せなくはないです。それに3日目の最終日だけコンパニオンさん来てくれることになりました。だいたいが展示会は水木金なので、3連チャンの後に来てくれるんだろうなぁ、悪いなぁ。

大きなトラブルの前兆に小さなトラブルが起こるのも理なので、気を引き締めて下期に挑みます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:04Comments(0)ガラスヒーター(実例)ビジネス展示会