プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年09月28日

レーザーと熱

ガラスヒーターのパネルユニットは色々な用途に使われますが、縦にして使いたいニーズがたまにあります。製作例が増えたことでおおよその標準仕様が分かったので、縦置き用のアタッチメントパーツを作りました。



ガラスヒーターを金属の枠に取り付けて、真ん中あたりにバネで試料を固定して、試料を加熱しながらレーザーを照射します。その波長変化で素材成分を解析するのです。
ちなみに縦にする理由はレーザーの光路を長くしたいから(らしい)です。上から照射すると高さが必要になって作業しづらいですしね。

ガラスヒーターで加熱しながら顕微鏡観察するツールを色々作ってきましたが、ガラスヒーターで加熱しながらレーザーで光学評価するツールもできるわけです。光と熱を試料に加える評価方法は分析分野では良く用いられます。
最近はそのバリエーションを開拓中で、以前の記事で紹介したマイクロセルもその一つ。

それにしても、去年までは汎用のガラスパネルヒーターやチューブヒーターが売れ筋で、培養チャンバーやマイクロリアクターなどの専用ツールは注目されつつも売れ行きはボチボチだったのに、今は完全に逆転しています。汎用品を買ってお客さんのほうで細工するより、ブラスト社に全部任せてもらえるスタイルが定着したとも言えます。

確かに(ガラス)ヒーターメーカーから理化学機器メーカーに昇華するんだと意識していますが、特にPRや表現を変えてはいなかったものです。それでも何かこう、伝わっていくものはあったのかもしれません。想いは伝搬するものですね。  

Posted by 株式会社ブラスト at 22:49Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2016年09月22日

新?新?深!

ようやく涼しくなってきたと思えば雨ばかり。楽しみにしていた梨ハンティングはしばらくお預けです。ずっと引きこもってたらカビが生えるので、湿気を咆哮で吹き飛ばせとばかりにシン・ゴジラを観に行ってきました。夫婦どちらか50歳だと二人で2,200円!そういう恩恵もあります。



邦画なのに日本語字幕つき?!いざ観るとお役所言葉が多くて早口なので、字幕あったほうが分かりやすい(笑)。
監督はエヴァンゲリヲンの庵野監督。レビューでは特撮マニアじゃなくても話題になってるので妻が珍しく乗ってきたのですが、、、途中で飽きてしまったようです。その隣に座ってた子供は完全にそっぽ向いてるし。

でも、さらにその向こうのお父さんと私はスクリーンに釘付け!BGMとか長々続く会議シーンは庵野ワールドそのもの。極限の絶望と希望が織り混じり、それでいて旧作のリスペクトも十分。

これ、監督が「俺はこれが撮りたいんじゃぁ!」と目一杯主張している映画です。そこが評価が両極端に分かれている元なのですが、そういうのキライじゃない。いや、凄く好き。ブラスト社のペネトレーション営業戦法に通ずるものがあります。

先週の産業NAVI大賞授賞式で他の受賞者と話して気付いたのですが、ビジネスの方向性がみんな”広く浅く”ではなく、”狭く深く”です。嗜好やトレンドがあまりに広がり過ぎて、万人に受けるものを目指すと結局はどっちつかずになってしまうこのご時世。主義主張を力強く明確に打ち出してコアなファンを根付かせることが、生き残る手立てとも言えます。

そうそう、シン・ゴジラ。オタクでマニアな40,50代の古い男はハマりますな(一人で見に来てるオヤジも多数)。  

Posted by 株式会社ブラスト at 19:16Comments(0)徒然なるままに

2016年09月18日

産業NAVI大賞表彰式

奨励賞を受賞した産業NAVI大賞の表彰式で横浜みなとみらいへ行ってきました。

会議室みたいなところでサクッと受け取って茶菓くらいの交流会を行うと思いきや、、、

ちゃんとしたスタジオで写真撮影して、300人クラスのホールで表彰式!しかも満員!
交流会は披露宴会場みたいなところで、そこでも壇上で挨拶。



おまけに色々な人が名刺交換に訪れ、貴賓などの挨拶のたびに「受賞おめでとうございます」のお祝いアタック。そんな大層なこととは思っていなかったので、もう何が何だかとまどうばかり。時間があっという間に過ぎていきました。

でも社長って普段は褒められることはないわけで、それでも自らモチベーションを保つのが務めと心得てはいますが、たまには人から賛美されるというのも悪くないものですね。

他の受賞者にも知り合いの社長がいたり、何か一緒に事業できそうな企業もあったり、控室でも話に花が咲きました。受賞して終わりではなく、ここから新たにビジネスが進んだらというアフターストーリをぜひ追跡取材して欲しいと、事務局に提案しておきました。

帰りは夏より明らかに早くなった夕暮れ時。いつも見慣れたはずのみなとみらいも違った景色に見えたのでした。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:06Comments(0)ビジネス

2016年09月15日

組合せの妙技

ガラスヒーターの特注製作例も相当に増えました。すると、これとこれを組み合わせたいというニーズも出てきます。

チューブユニットとボックスユニットを組み合わせたのがこちら。


  ☆何かを発射してきそうです。

ボックスユニットの天面と底面にパネル状のガラスヒーターを設け、チューブユニットには内径φ4の細いチューブヒーターをつかって2重円筒構造にしています。内部に特殊な試料を入れて加熱しながら観察する目的です。

ゼロから設計してたら大変ですけど、それぞれのパーツは過去の図面をモデファイするだけですので、意外と手間はかかっていません。蓄積されたノウハウはアイデアを実現させていく原動力になります。

さて、JASIS展示会後の慌ただしさも落ち着きました。昨日は動画PRを作るのに取材を受けていて、会社をどのように発展させていきますかと聞かれ、答えに詰まっていました。
もちろん”企業”としては色々あるのですが、それは”生き様”として本当にやりたいことなのかと自問自答すると、必ずしもそうではない気がします。人生もクライマックス、壮大?な結末に向けてのシナリオを明確にしていく時期です。

虎は死して皮を残す。では自分は何を残す?寝ても覚めても、この問いが頭の中をぐるぐる回っている今日この頃です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:20Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2016年09月10日

JASIS 2016

先週3日間にわたって幕張メッセで開催された分析科学機器展「JASIS 2016」、心配していた台風も消え、無事閉幕しました。ご来場くださいました皆様方には厚くお礼申しあげます。

今回はライフサイエンスイノベーションゾーンに出展しました。企業プレゼンもできて、基調講演のステージ近くで、アカデミックカラーを押し出しています。


プレゼンは聴衆増やすよりプログラムで目立たせる狙いだけで初日朝一の順番を選択したのですが、意外にお客様が多かった。


初日の夜はレセプションパーティ。毎年趣向を凝らした出し物があって、今回は歌舞伎エンタテインメント!迫力あって見ごたえありました。今までで一番良かったかも。

ゾーンは会場の一番端っこでブース小さめ、その分出展費用も格安。訪問数は今までで一番少なかった一方でブラストを目指してやってくるお客様ばかりで中身は濃く、費用対効果は非常に高いものでした。

だけど、展示会は即売会の面だけではないとも実感します。確かに展示会での受注金額を出展費用で割ると広告効果が算出されますが、その数字だけでは計り知れないものがありそうです。

去年一昨年のJASISでは結構大きく派手に展示していました。費用もかなりのもので、それ自体ではそう簡単に元が取れるものではありません。
しかし何度も出展して来場者や他の出展社と顔なじみになり、最初は直ぐの利用機会がなくても新しいテーマが持ち上がった時にブラストを思い出してくれる。展示会に行くと今年も出している安定さが安心感をよび、取引がなくても信用が育っていき、ひいては企業全体のブランドイメージとしてじわじわ浸透していくのです。
今後の広告宣伝に活かしていきます。

さて、ライフサイエンスゾーンでは全体でのコンパニオン的運営スタッフさん達が大活躍していました。来場チェックの折に飴を渡しているのですが、なかなか減らないらしく、”飴、いりませんか?”と入れ替わり持ってきてくれます。疲れた体と心をちょっぴり癒してくれたのでした。  

Posted by 株式会社ブラスト at 12:11Comments(0)展示会

2016年09月05日

会津で顧みる

ちょっと遅めの夏休み、会津若松へ旅行に行ってきました。もう2回目なのでスケジュールもゆったりめ、大内宿や鶴ヶ城など前回気に行ったところをリピート訪問です。


郷土文化と歴史が織り交ぜられて、心の滋養豊かに時間が紡がれるようです。ところどころで幕末は会津藩士の意気が感じられて、自分の半生も顧みたくなります。

先月はとうとう50歳になりました。「人間50年 下天の内を比ぶれば 夢幻の如くなり」とはよく言ったもので、子供の頃は自分が50歳になるなんて夢にも思わなかった。いざ50歳になったら今までのことは幻のように思えます。
でも、やりたいことをやりたいようにやれて、何事にも阿ることなく体と心を全開にできているのは何よりです。

今週はJASIS2016が幕張で開催されます。ライフサイエンスイノベーションゾーン、ブースAB-1~2でお待ち申しあげております。秋になって展示会が目白押し、下半期のセールス強化期間に突入です。リフレッシュできたところで血沸き肉踊るパワーで思い切り推して参ります。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:56Comments(0)徒然なるままに