プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2016年07月29日

産業NAVI大賞

売り上げに大きな効果をもたらす新商品を輩出した企業に与えられる、かながわ「産業NAVI大賞」に応募していました。

応募テーマは顕微鏡インキュベータです。

  ☆顕微鏡の上で細胞培養して成長過程をタイムラプス撮影

すると昨日に事務局から電話が来て、、、

奨励賞を受賞しました。賞金30万円です。正直言って、賞金100万円の大賞はともかく賞金50万円の優秀賞はいけるかと狙っていたので、受け答えが淡々としてしまいました。
でも応募数は63件だったらしく、それなりに競争率高かったようです。”もっと上に行けるぞ次は頑張れ!”という意味(実際に奨励賞の言葉通り)に違いないと、ありがたく拝承して最大限に受賞を活用する方法を考えることにしました。

この特典として、神奈川新聞や県の広報など地域の色々なメディアに掲載されることがあります。今年のブラスト社PR方針は展示会の出展を始めとするリアルな販促からネットへの誘導に据えているので、まさにピッタリ。
授与式とか記念パーティとか結構派手にやるみたいで、最近そういう華やかなのに御無沙汰なので楽しみです。

賞金の使い道?もちろん新商品の試作費に回します。(ちょっと交際費に充てるかも^^;)  

Posted by 株式会社ブラスト at 17:59Comments(0)ビジネスチャンバー

2016年07月28日

花火

夏本番間もなく、ということで我が家からもあちこちで上がる花火(の天辺だけ)が見えます。先週末は足立区の花火大会でがっつり見てきました。



いつも汗だくで見に行くのに、今年はとても涼しい!そのせいか普段以上に混雑して会場正面の土手に上がれず、離れたところから上がりました。でも実はこっちが正面かと思うほどに花火が間近で、人も少なく、たっぷり堪能してきました。

ガラスヒーターも新規の引き合いが増える時期、過去に納めた先で評判が良くて、別の実験を始めたいから新しいのが欲しいとリピートも多くなってきています。
商品や会社の氏素性は理解してもらっているせいか、引き合いから発注までが早い早い。営業効率も高く、今更ながらにリピートの大切さを実感します。

商売は花火のように打ち上がってうたかたの夢とならないよう、地道にしっかり進めます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:21Comments(0)徒然なるままに

2016年07月22日

新価値創造展

新価値創造展2016に出展することになりました。昔の中小企業展がリニューアルされたイベントです。

ブラスト社のマーケットはニッチでマニアックなため、広い分野にまたがる展示会はターゲットのお客さんが来ないどころか売込みばかり。
なので無料でも出さないようにしていたのですが、思うところあって出展を決めました。

●は日本をイメージしているようです。

展示会といえばお客さんを集めて直接営業して売上を上げるのがセオリーです。しかし最近は来場されてないのにサイトから引き合いに来られるお客さんが増えています。イベントでサイトアクセスが上がったことで曖昧なキーワードでも検索にかかるようになり、目に止まるのだと思います。この傾向は以前からもあったのですが、最近は特に際立つようになりました。

ということは、アクセスを上げるためだけの出展の仕方もありそうです。極力安く出展して費用対効果を最大限に上げることもできます。新価値創造展は机一つ分なら費用が約13,000円と激安なので、新しいPR手法を検証するため実験的に出展することにしました。

展示会ではお客さんを集める必要がないなら、展示物も省いて目立つデザインテイストのポスターをでんっ!と貼っておくだけでも良さそうです。説明員を置かない”放置プレイ”的な展示もアリ。たまにそういったブースを見かけますが、あれはアクセス目的だけだったのかも。

それより大事なのが展示会サイトとのリンクです。今回は単に出展企業をリスト掲載するだけじゃなく、バーチャル展示会的な見せ方をするようなので、うってつけです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:11Comments(0)展示会

2016年07月17日

最強ノベルティ

小規模事業者持続化補助金に採択されました。これは中小企業の広告宣伝費に対して上限50万円の補助が出るものです。うちは展示会出展費が結構かさむので、大いに助かります。

話は前後して、先だって販促EXPOいわゆるノベルティや広告関連の展示会に行ってきました。まさに補助金の対象科目です。

学会ではエンドユーザーでもある先生方が”発表”に来られますが、附設の企業展示はスルーされることもしばしば。とにかく視線を向けてもらわないことには話にならないわけで、ちょっとしたノベルティやジュースを配ったりするブースもあります。
9月は癌学会の企業展示に出展するので、そこでブラスト社も何か配ろうと考えています。出展費用自体は商業展示より安価だから、こういうところにお金掛けます。

さて、販促EXPOではきらびやかに人目を引くノベルティや企画が出展されていますが、スマホのモバイルバッテリーがいいですね。自分も欲しいくらい。


でもちょっと高いので、片っ端から配るにはやっぱり食べ物それもプレミア感あるアイスとかチョコとか良さそうです。何か貰って食べてる先生を見て他の先生の目も集めやすいかも。
色々なブースを眺めながら歩いていると、とあるバナーが目に止まりました。

「冷えたビールあります」

もう釘付け!見るとオッサン連中が群がって立ち飲み屋みたいになっていました。さすがに学会ではアルコール出せないですが、でもこれ最強のノベルティです(呑んべ限定?!)  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:44Comments(0)ビジネス展示会

2016年07月05日

ブラック商品

黒い塗装は引き締まった感じを受けます。若いころは黒い車ばかり乗っていたものです。

最近、弊社の商品を黒に統一し始めています。本体は元々が黒色ですが、ネジや固定具など地金だったのを黒色にしています。ちょっとだけの差なんですけど、結構いい感じです。
NICO-1用チャンバーも黒にしてみました。



全部黒だと見づらいので、開閉のネジだけ銀色のまま。アクセントになって黒も映えます。だからという訳ではないのですが、最近こういった小さなチャンバーの注文が増えています。利益は小さくとも製作にかかるリスクがほとんど無いので、ベンチャー向けな商品です。



コスト優先のため開閉機構を省いて上蓋のガラスヒーターユニットが丸ごと外れるようにしていたのですが、90℃開くようにしました。ヒンジは設けずアルミを曲げただけの簡易なもの(ここも黒)ですが、それでも使い勝手がちょっと良くなりました。

だけど困ったことが一つ。部品の加工費が全般的に値上がりしているのです。値上げ幅が大きいのになると5割増し。おまけに納期も通常よりかかってしまってます。これ、景気はもとより製造の国内回帰が影響しているような気がします。良い工場は引っ張りだこで、集中するのでしょうね。

かくいう弊社も、何年も前の展示会で見たと言う問い合わせが先月末に複数ありました。6月って中途半端と思いきや、国際会計基準では上期の終わりではないですか。

早くも2016が半分終わったわけですが、夏の販促イベントに向けて目いっぱい張り出し中です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 14:30Comments(0)ガラスヒーター(実例)ビジネスチャンバー