プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2015年09月24日

龍の顎?!

特注で色々なものを作りますが、中でもこれは変わり種でした



横の2面にガラスヒーターを張ったもので、手のひらに乗る程度の大きさ。



こんな風にパカッと開きます。縦にしたら恐竜の口みたいですね。

縦に設置した対象物を横から挟み込んで加熱するものです。そういえば昔に横に設置した細いチューブを加熱するユニットも作ったっけ。

弊社ガラスヒーターは理化学機器にしては低価格に抑えていますが、それでも従来のニクロム線ヒーターより値が張るもの。
しかし特注になった場合、弊社としてはガラスヒーターが売れればそれでよいので、設計費を余り加算していないのです。そのためこういった手の込んだ製作でも意外にコストアップにならず、一般的なニクロム線を使った特注工場の予算より安くなることがあります。
熱に関する特注はお気軽にご相談ください。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:40Comments(0)ガラスヒーター(実例)