プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2015年07月21日

CO2カートリッジ

顕微鏡に設置して細胞培養しながら観察できる「顕微鏡インキュベータ」では庫内のCO2濃度も一緒に調整します。大抵の研究室には大型の炭酸ガスボンベがあるので、そこから引いたガスをCO2コントローラ内部で濃度調整して細胞培養チャンバーに送り込みます。



しかしボンベと顕微鏡が離れていたり新設の研究室だったら長ーいチューブで引っ張ってくるのも大変なので、小型のCO2カートリッジを用意しています。


  ※500mmペットボトルよりチョイ小さめ。

このカートリッジは手軽で便利な半面、1本で15時間くらいしか持たないので、何日にもわたって細胞培養するには朝晩交換しなければなりません。手間だしランニングコストが高すぎるので、展示会とかデモとか自社用にしか使っていませんでした。そこで持続時間を長くするよう色々と改良していました。

なかなか上手くいかなかったのですが、コントローラ内部の配管をちょっと変えただけで劇的に向上することがわかりました。
以前は1本で15時間程度しか持たなかったのが、改良後はなんと2日以上持ちます。

たぶん今まではカートリッジ内部のガスを強制的に排出させてしまう圧力差ができていたのでしょう。それが解消されたことで、ゆっくり少しづつガスが出るようになったようです。正解はすぐ近くにあるのに気付かないままって良くありますが、それを気付けるようになるのもまた経験です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:08Comments(0)ガラスヒーター(実例)新しいもの