プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2015年06月30日

ポケットチャンバーカスタム

ポケットチャンバーのカスタムを3Dプリンタで行いました。



庫内にセットする対象物が特殊な寸法の多検体スライドガラスだったので、それが嵌まるよう底面形状を変更しました。指定の顕微鏡にはまるようプレートホルダも合わせて造形しました。

3D-CADで図面描いて、そのまま3Dプリンタで造形です。今までは見積もりの段階でインクジェットプリンタで紙に印刷してお客様にお見せしていましたが、それと同じ工程(印刷ボタンをポチっと押すだけ)で手で触れる”ブツ”が出来上がります。


底面は交換可能で、35mmディッシュ用にすることも簡単です。

これでお客さんのところで使ってもらって、実際に使った感触での改良要望などあれば精密切削の工程にて製作します。費用も期間も従来より大幅に短縮されました。さらに変更の自由度が非常に高い利点もあります。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:12Comments(0)ガラスヒーター(実例)