プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2015年04月30日

ポケットチャンバー

メーカーさんは早々とGWに入ってしまい、先週のMEDTECのフォロー営業もままなりません。仕方が無いのでお手紙書い、、いや、商品企画に集中です。

以前にUPしたウェルプレート大のチャンバーはMEDTECでも参考出品していました。

小さくてあまり気付かれなかったのですが、それでも知る人ぞ知る形で目を引いたようです。それもエンドユーザーからの”使いたい”というニーズではなく、商社の”売りたい”という声が。

「顕微鏡ステージの標準的なプレートホルダに改良することなくセットできる」というのは、たとえば顕微鏡や電動ステージのお客さんにプラスアルファとしてアピールしやすいという着眼点です。なるほど、まさにスキマセールス。


  ☆茶色で示した枠がプレートホルダ

ディッシュやスライドガラスをはめ込む枠くらいはオマケに付けると尚良し。来月はバイオテクノロジー展と結合組織学会で、よりバイオに近い分野で本格展示します。鍵は価格設定ですね。

でも、いつまでも”ウェルプレート大のチャンバー”じゃ呼びにくいので、「ポケットチャンバー」と名付けることにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 18:46Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2015年04月27日

新闘!MEDTEC2015

ビッグサイトで開催されていたMEDTEC(医療機器製造技術展)、大盛況のうちに無事に閉幕しました。弊社ブースにお越しくださいました皆様方には心よりお礼申し上げます。


   ☆前面の遮蔽パネルのおかげで回遊しやすくなりました。

今回の展示会は過去最高に濃いものとなりました。ブラストのブースを目指して来られる方が多く、5年ぶり10年ぶりと言う懐かしの再会もあり、まるで同窓会。
それでいて「見守り営業」のスタイルが功を奏して比較的スムーズに対応できたと思います。ブースも青と白を基調としたデザインは踏襲しつつ、見守り営業しやすい内容に刷新したこともあって、お客様ご自身でじっくり見て行かれます。だから質問も具体的で話が早い。

それにしても今まで様子見だった企業さんもここのところ急に動きが慌ただしくなっています。再生医療だとか医工連携だとかが企業トップの躍るキーワードになってきたのでしょうか。
ガラスヒーターも3,4年前より使用実績が相当に蓄積されたので、今の方が的確にニーズ対応できます。

土日で名刺整理&メールでのお礼とご案内を済ませ、これからフォローアップです。もうすぐGWでちょっと間が悪いので、今回はブラストも動きを詰めています。
加えて5月中旬はバイオテクノロジー展!しかも最終日は結合組織学会とかぶってる!!気合い入れて頑張ります。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:38Comments(0)展示会

2015年04月16日

できる!3Dプリンタ

オフィスにやって来た3Dプリンタ、使い始めました。セッティングは拍子抜けするほど簡単です。デモ印刷が上手く行ったので、今までに外注工場で製作したパーツの中で一番簡単なのを選んで作ってみました。



音はインクジェットプリンタくらいでオフィスの中では気になりません。およそ40分ほどで出来あがり。
テーブル温度が80℃と表示されていたので、冷えるのを待つ間にサーモグラフで測ってみると確かにその通り。このテーブルのヒーター、ガラスヒーターだったら早く加熱して早く冷えるのに。


右が3Dプリンタで作ったもの。確かに表面は荒いけど、全然良い!寸法比率は正確です。このパーツは一回目に作ったときは他の部品との兼ね合いが悪くて作り直したものですが、一度3Dプリンタで確認して本製作に移れば無駄を省けます。
いやこれ、何これ!モノ作りのプロセスがガラリと変わりそうです。それもちっちゃなベンチャーのオフィスでこんなに手軽に使えるようになったなんて、恐ろしい時代になったものだ。

そういえば週刊マイ3Dプリンタは止めました。読み始めると1年待てなくなって今回の購入に至ったわけで、デアゴさんごめんなさい。

次は卓上CNC旋盤にチャレンジしてみたいですが、さすがに音がでかそうです。もっと成長して隔離エリアのあるオフィスに引っ越したら、になりそうです。  
タグ :3Dプリンタ

Posted by 株式会社ブラスト at 09:33Comments(0)ビジネス新しいもの

2015年04月09日

パートさん募集すれど

以前紹介したウェルプレート大チャンバー。



それなりの改良とアタッチメントを付け、商品ラインナップに加えても十分なほどになりました。しかし正方形タイプのチャンバーと明確な棲み分けがしづらくなってきました。というより”もうこっちでいいじゃん”という感じです。減らすかどうか、悩むところです。

さて、新オフィスでのオペレーションもだいぶこなれてきました。そこで組み立てなどの軽作業を行うパートさんの募集をかけたのですが、、、全然応募が無いっっ!

時給1000円は安すぎたか。今日日、レジ打ちでも1200円とかあるみたいだし。しかしキツい仕事でもないし手先の器用な人なら専門知識は不問だしなぁ。
もちろん実装工場での作業経験があればもっと上げるのもやぶさかではないけど、いきなり1,500円なんてのはチョット逡巡してしまいます。

応募する側の視線に立って見ると、仕事のイメージが沸きにくいのも原因かもしれません。募集の段階で工程見せるわけにもいかないので、いったいどんなことさせられるんだ、と不安になるのも然り。イメージが大事って、なんだか商品プロモーションにも通じます。

新オフィスはベンチャーが集まっている集合施設なので、運営側の人に話すと地域のコミュニティで当たってみてくれるとのこと。上手く合う人がいないかと期待しています。  

Posted by 株式会社ブラスト at 18:20Comments(0)ビジネス

2015年04月04日

3Dプリンタ導入!

ついに、とうとう、3Dプリンタがやってました!朝からそわそわ、ワクワク。到着したらいそいそと梱包解いて、やたらベタベタついてる保護フィルムを剥がします。

いやー、それにしてもデカい。大きめの机を半分占めてしまいます。もちろん業務用よりずっと小さいのだけど、パーソナルユース用の中では最大級(小型冷蔵庫並み)。でも造形可能なサイズも200mm立法と最大級。



ガラスヒーターユニットにはリード線や温度センサを取り回しするために耐熱樹脂のホルダを用います。今までは社内でCAD図を作成し、外注工場へ出して製作してもらってました。しかし新規の特注では往々にして図面ミスが生じるので、また図面修正して加工し直しと、費用も時間も随分ロスします。

そこで一旦3Dプリンタで打ち出して確認し、問題あれば図面修正してから工場に出すことで無駄なく製作できそうです。これぞスマートマニュファクチャリングw。

とはいえ3Dプリンタに触るのは初めてなので、どんなものか図るべく一番安いのを買ってみました。精度は荒いけどテストショットが目的だから問題ありません。どのみちNC旋盤での精密加工が必要だし。

残念ながら今日は梱包を解くまで。新年度に入って急に問い合わせが増え、バタバタし通しです。でもじっくり勉強して新しいオフィスで新しいプロセスを取り入れてみたいと思います。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 17:35Comments(0)新しいもの

2015年04月01日

事務所移転

先週末は近所の公園にてお花見。早めにと思ったのに既に散り始めて、葉桜になりかけているのもありました。時代の先取りは良いけど風情はもう少しゆっくりしていって欲しいものです。



さて今日から新年度、4月1日はブラスト社の設立日でもあります。決して”嘘”ではありませんw
そしてかねてから準備中だった川崎オフィスに移転しました!まだ本格稼働には至らないものの、まるで待ち構えていたかのように静かに力強く問い合わせがやってきます。

設立当時は山下公園前のベンチャー向けオフィスにオフィスを構え、眼前に広がる横浜港や時折入港する大型客船を見て新事業に奮い立っていたものです。
今度は多摩川の前、やはりパッと開けている光景を目の当たりにするとモチベーションもUPしますね。ガラスヒーター事業も基礎固めの段階は終了、細工は流々仕上げはごろうじろ。東京湾に注ぐ本流のごとく、市場と言う名の大海へ力強く突き進んでいくべく心新たに頑張ります!  

Posted by 株式会社ブラスト at 17:32Comments(0)ビジネス