プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2015年04月16日

できる!3Dプリンタ

オフィスにやって来た3Dプリンタ、使い始めました。セッティングは拍子抜けするほど簡単です。デモ印刷が上手く行ったので、今までに外注工場で製作したパーツの中で一番簡単なのを選んで作ってみました。



音はインクジェットプリンタくらいでオフィスの中では気になりません。およそ40分ほどで出来あがり。
テーブル温度が80℃と表示されていたので、冷えるのを待つ間にサーモグラフで測ってみると確かにその通り。このテーブルのヒーター、ガラスヒーターだったら早く加熱して早く冷えるのに。


右が3Dプリンタで作ったもの。確かに表面は荒いけど、全然良い!寸法比率は正確です。このパーツは一回目に作ったときは他の部品との兼ね合いが悪くて作り直したものですが、一度3Dプリンタで確認して本製作に移れば無駄を省けます。
いやこれ、何これ!モノ作りのプロセスがガラリと変わりそうです。それもちっちゃなベンチャーのオフィスでこんなに手軽に使えるようになったなんて、恐ろしい時代になったものだ。

そういえば週刊マイ3Dプリンタは止めました。読み始めると1年待てなくなって今回の購入に至ったわけで、デアゴさんごめんなさい。

次は卓上CNC旋盤にチャレンジしてみたいですが、さすがに音がでかそうです。もっと成長して隔離エリアのあるオフィスに引っ越したら、になりそうです。  
タグ :3Dプリンタ

Posted by 株式会社ブラスト at 09:33Comments(0)ビジネス新しいもの