プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2014年12月11日

3兄弟そろい踏み

毎年このシーズンには恐ろしい妖怪が跋扈します。大入道の一種でその名も「ネンナイノウニュウドウ」。

これに憑り付かれた人は「ネンナイノウニュウ、ネンナイノウニュウ」と叫びながら他人に迫ります。迫られた人は恐怖におののきながら年内納入を目指して狂ったように仕事し続ける羽目になります。

しかし10日を過ぎると、妖怪をやっつける必殺呪文「トシアケニナリマス」が使えるようになります。効果てきめん!妖怪は退散し、憑り付かれた人も嘘のようにさっぱりあっさり穏やかになりました。おかげでこんな記事もアップできるようになりますwww

新しく標準化した顕微鏡インキュベーター、そのチャンバー形状が3機種3兄弟揃い踏みしました。1月からの発売で予約受付中です。


温度は60℃以下で使うので、ガラスヒーターを嵌めるホルダには以前の耐熱性を施したPTFE製樹脂ではなくポリアセタールを使っています。光を反射しないよう、色も黒にしました。
すると、こっちのほうが高級感をだせてデザイン性良いと好評なのです。予期しなかったことですが、ちょっと嬉しいですね。

相変わらず忙しいながら、呪文のおかげで今は年末に向けて粛々と業務こなしています。でも来年の2月には「ネンドナイノウニュウ」が出現するので油断禁物です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:53Comments(0)ガラスヒーター(実例)