プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2014年08月15日

夏休み読書感想文

ってウチは休みじゃないけど、電話もメールも来ない穏やかな日々がチャンスとばかりに最新刊を一気読み。

まずは半沢直樹シリーズ第4弾「銀翼のイカロス」

あの倍返しが帰ってきた!JAL再建をモデルにしたストーリは現実にもこういう駆け引きあったのかなと想像させる、手に汗握る攻防が続きます。議論軸を常に相手に置く半沢直樹の論法は下手に真似したら危ないけど、勉強になりますね。おなじみオネエ黒崎さん、いつにも増していい味出して陰の主役なんじゃないかと思うほど。そして後半は中野渡頭取の決断に注目が集まります。
でも、毎度読み味が同じ水戸黄門的な展開は好みが分かれそう。自分としては3作目の「ロスジェネの逆襲」が好みかな。

お次、しゃばけシリーズ最新刊「すえずえ」

江戸の大店、長崎屋の若旦那とその離れに集う妖しが繰り広げる日常や騒動の読み物。人間である若旦那と何百年も生き得る妖たち、今回はその寄り添い方を考える中にあってそれぞれの折り目の付け方が秀逸です。サザエさん的お約束ストーリの中で少しづつ若旦那が成長していく様子が垣間見え、親戚の伯父さん的視点で楽しんでます。気楽に読めるのがいいやね。

そして澪つくしシリーズ10巻にして最終巻「天の梯(そらのかけはし)」

こちらも江戸が舞台、女料理人の澪が艱難辛苦を乗り越えながら料理のあり方とともに生きざまを極めんと、精進するその姿に心打たれます。色々な問題が一気に繋がりそして一気に。。。最後は涙なくして読めませんっ
出てくる料理が実に美味しそうで、それをお客さんにどう提供するかという商いの初心を考えさせられてしまいます。起業したい方は必読かも。もっと感想いっぱいあるけど、これ以上は是非買って読んで下さい。  

Posted by 株式会社ブラスト at 11:11Comments(2)読書

2014年08月08日

CO2コントローラその2

以前に取り組みをご紹介した開発中のCO2コントローラ、いよいよ大詰めです。試作1号機は思ったよりあっさり出来たのでこりゃ楽勝かなと思いきや、連続試験してみると出るわ出るわバグのオンパレード。何度も作り変えてようやく実用的レベルにまで近づきました。


  ☆上は試作1号機(+改良幾数多)。下は本製品の仕様で、表示パネルは温度制御装置と共通です。

レイアウトや部品構成を見返すと、非情なまでに非常にシンプル。制御方式もPIDを止めて単純なON-OFFにしたら、数値の振れは残るけど大幅な逸脱が無くなりました。
何で最初からこう出来なかったのかと悔しくもあるが、まあ開発ってのはこんなものです。

後はボンベ内CO2が無くなった時のアラーム付け加えたのですが、これが結構うるさくって一時キャンセル機能付けようかどうしようかと迷い中。でもまたコストや配線増えるので、取り敢えず第一弾はこれでFIXですかな。
CO2コントローラがラインナップに加わったことで、細胞培養チャンバーをインキュベータへと刷新中です。ガラスヒーターも専用仕様にして厚さ1.1mm、ホルダや筺体の材質も変更。こちらも追って紹介します。

閑話休題。ポークピカタが得意ですが、ひょんなことでちょいと焦がしてしまいました。


    ☆焦がしたと思いきや。。。

しかし食べてみると香ばしくて美味しい!今までのよりサクサク感があってナイスな仕上がりなので今度からこの焼き方で決定です。
新発見は失敗から生まれるものですね。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:56Comments(0)ガラスヒーター(技術)