プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2014年07月28日

ブラックな新製品

当社はブラックな企業ではありませんがw、ブラックな製品を出す予定です。


  ※ブラックガラスヒーター?!

パネル形状のユニットは200℃耐熱のSシリーズと500℃耐熱のSGシリーズがあります。実はこれ、周囲部品(ホルダや温度センサ)の耐熱性が違うだけ、ガラスヒーターは共通部材で、基材に石英を使った加熱能力の高いものです。当然原価も高い。

しかし実際には40°くらいで使われるお客様が結構多いのです。そこでガラスや樹脂ホルダの材質を安価なものにし、温度制御もシンプルな仕様にした、60℃耐熱版を企画中です。加熱能力はずいぶん落ちますが、値段も相応に落ちます。直ぐ見分けられるよう、ホルダも黒にしました。

新たなユーザー層の発掘に役立つという期待もあれば、Sシリーズの既存ニーズが60℃耐熱版(名前はまだ無い)にシフトして売上まで落ちるのではないかという懸念もあります。シミュレーションして損益分岐を割り出すものの所詮は机上の計算。後は、度胸と覚悟の決断(それこそが経営の妙)です。

ということで、8月リリース決定です。こちら直販はせず代理店販売のみにしますので、新たに代理店募集中です♪  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:04Comments(0)ガラスヒーター(実例)