プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2014年06月19日

開発あるある

開発あるあるネタ。複雑で初めてつくるものが結構うまく仕上がるのに、簡単な改良が手間取る。

細胞培養のタイムラプスなどに使える透明チャンバーはパーツを幾種類か在庫しておいて、オーダーに応じて組みかえるプリフィクスメニュー方式です。
ただいまインキュベータに生まれ変わらせるべく奮闘中です。

バリエーションに対応するため蓋はネジ止めだけでしたが、それだとネジを外すと蓋が全部取れてしまいます。あまりカッコ良くないので、蓋をヒンジで開閉するようにしました。


   ☆トルクヒンジを採用して、蓋は開閉途中でも停止します。

簡単なはずなんですが、これがなぜか大変でした。孔が合わない、ネジピッチが違う、他の部品と干渉してしまう、、、
3回目の修正(3回目は手加工でムリヤリ修正)でどうにか嵌りました。ちょっと仕上がり汚いので、裏面はお見せできませんw

  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:41Comments(0)徒然なるままに