プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2014年03月25日

細長いチューブユニット

以前に試作した細長いガラスチューブヒーターをユニット化しました


下が従来のP007(長さ約100mm)、上が新しい試作ユニット(長さ約200mm)です。およそ2倍の加熱長さとなります。

   
両端のPTFEフランジには配管用の管用テーパねじを切ってありますが、新たにアタッチメントを設けて色々な管径へ簡単に換装できるようにしました。

この品の引き合いは、まあボチボチと言ったところです。MEDTECがいよいよ迫ってきましたので、出展する予定です。

この時期、今年の展示会の準備が重なっています。専用WEBでの入稿は便利なのですが、WEBを間違えて異なる内容を入れたりと、つい混乱してしまいます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:40Comments(0)ガラスヒーター(実例)