プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年11月20日

チャンバーAssy

ガラスヒーターをチャンバーにしたユニットは特注製作しています。下記構成はそれぞれのエリアに試料を載せ、て加熱しながら光学評価ができる研究・実験用ツールです。ユニットの中心に軸を通して適宜回転させる使い方で、その軸を避けるためにも組み合わせ(というか分割)しました。



こうしたレイアウトは個別に温度制御出来るメリットがあります。逆にいえば個別に温度制御しなければならないデメリット(操作が煩わしい、コストがかかるなど)にもなります。やはり軸がネックになっています。

軸を通す孔をガラスヒーターに開けることは可能ですが、孔周辺は著しく温度低下します。でも内部全体の雰囲気が均一になれば良い条件だったら問題ありません。ちょうどそういう案件があったので、製作してみました。



安価にできるし、使い勝手も良い感じです。軸は実際には突き出ていないので上部を外せば回転プレートも簡単に交換できます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:19Comments(0)ガラスヒーター(実例)