プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年10月28日

ものづくり交流会

先週は「神奈川ものづくり交流会」に参加してきました。企業や大学の各研究テーマが3日間にわたって神奈川産業技術センターで発表されるのですが、ロビーで企業の附設展示もあり、そこにガラスヒーターを出展しました。



規模が規模ですから参加者の人数は商業展示会と比べるべくもありません。しかし”これぞ!”という企業さんと出会えたりして、中々に有意義でした。

これで今年の展示会はすべて終了です。週末は今までの名刺を再整理したところ、営業しそびれているところが結構あることに気付きました。興味はあるが直近のテーマが無いという理由で1回電話したっきりになっているものです。

来年の年間プロモーション計画をそろそろ策定していく時期ですが、日ごろからお話していてこそテーマアップした時に思い起こしてもらえると言うもの。せっかく見てもらえた機会を逃さないよう、優先順位を改めて見直して効果的な情報提供を図らねば。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:59Comments(0)展示会

2013年10月22日

サーモグラフィあるある

ガラスヒーターの温度分布はサーモグラフィで測定します。細胞培養チャンバーは上下にヒーターが付いているので、上も下も赤くなった画像を想像していたら、こんな感じになってました。



側面は透明だから下のヒーターもサーモグラフに映るだろうと思うのは勘違い。サーモグラフィは可視光ではなく赤外光なのを忘れてました。見た目が透明だろうと発熱してなきゃ映りません。

蓋(上のヒーター)を外すと下も発熱しているのが分かります。



でも雰囲気は良く出ています。ただいま専用カタログを作成しているので、表紙に載せることにしました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:05Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2013年10月17日

ものづくり交流会

時の移ろいはまるで滝に流れる水のようで、今年の展示会は後一つを残すだけとなりました。
ラストを飾るのは海老名の神奈川県産業技術センターで来週23日(水)から開催される神奈川モノづくり交流会です。

センターのホールを利用したもので展示会という規模ではないですが、技術者の予稿発表がメインで企業展示を添える形です。去年までは1日だけの参加だったけど今年は3日間通しでの参加。


   ※去年の光景

でも、3年前は数十社あった企業展示は、今年は十何社と非常に少ない。べつに不景気と言う訳じゃなく、イベントの主体が展示から発表に移ったと言うことでしょう。

実はものづくり交流会の前日22日にも似たようなイベントで東京都が開催する”コラボレーション交流会”があったのですが、諸事情で不参加です。来年は全体の方向性を考えねばなりません。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 06:54Comments(0)展示会

2013年10月15日

バイオジャパン初プレセン

先週開催されたバイオジャパンは今年で4回目、首都圏バイオネットワークの共同出展枠で毎年展示しています。

ここは小さなステージもあってプレゼンも出来ます。今まではブース展示メインゆえプレゼンしてこなかったのですが、今回から強制参加になり、1日1回(3日間で計3回)のプレゼンに出てきました。



3回のうち1回は英語での発表が義務となり、ただでさえトークは久しぶりなのにましてや英語なんて、しどろもどろのグダグダ。自分史上最低のプレゼンとなる羽目にorz。
だけどブースに来られたイギリス人には結構うまく説明できたと思います。しばらく舞台から遠ざかっていたからなぁwww

初日はお客さんガラガラながら恒例のレセプションがインターコンチで開催。バイオジャパンはいつも欧米企業の出展を積極的に誘致していますが、今年は特に多かったようです。



”あちら”はパーティ慣れしているようで、日本人のおっさんだらけ(自分も含めて、ですよ)のパーティより何だか華やいでいました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 06:52Comments(0)展示会

2013年10月14日

秋の鎌倉へ

バイオジャパンは初日と二日目の来場者が極端に少なかったので、返って疲れました。まだ大勢のお客さんに話してるほうが疲れを感じる間もなく、あっという間に時間が過ぎて行くものです。
という訳で、週末の連休は久々に鎌倉へお出かけしてきました。まだ行ったことのない金沢街道を歴史散策することに。激混みが予想されたので朝早くに回ることにしました。

浄明寺で秋の兆しを感じ


報国寺で森林浴ならぬ竹林浴をたっぷり味わい

   ※修善寺の竹林より自然的で壮麗な感じです

秋晴れで爽やかな天気の中、街道沿いの色々な寺社仏閣を参拝しながら歩くと気持ち良い汗が流れてきます。ここらは復元じゃなく当時のままの姿だそうで、気持ちは大昔にタイムスリップしてきました。

ランチは現代に戻って、予約してたフレンチのコースへ。普段めったに外食しない分、こういうときは張り込みます。


ここ、住宅地のど真ん中で看板も小さく、通りすがり的な観光客はまず気付かないところですが、なんと満席!ご近所のセレブ風な家族やマダムがたおやかに談笑してます。お客さんを含めた雰囲気も大事な要素ですね。2時間たっぷりかけて食で癒されてきました。

もちろん料理の味も文句なしに美味しかったのですが、コンセプトとマーケティングがうまくマッチした例だと感じました。
(直ぐビジネスにつなげて考える癖がwww)  
タグ :鎌倉

Posted by 株式会社ブラスト at 12:55Comments(0)徒然なるままに

2013年10月13日

迷闘?バイオジャパン2013

10月9~11日、パシフィコ横浜で開催されたバイオジャパン2013が無事終了しました。弊社ブースにお越しいただいた皆様方、誠にありがとうございました。

去年のバイオジャパンも含め、ブラスト社の出展ブースでは初日で数十枚の名刺交換が普通です。しかし今回は初日で何と7枚!少なっ!
そもそも全体の来場者数が驚くほど少なく、他の出展社も首をかしげていました。

今年の展示会ではどこも去年より2割増しほどのお客さんだったので、バイオ業界が不景気とは考えにくいです。この展示会はマッチングを主体にしていて事前にアポを取り付けて商談できるのですが、目ぼしいものがなければ展示会に来る必要も無いと判断されたか。

その理由も弱いなぁと考えあぐねつつの最終日、やっと去年並みにお客さんがいらっしゃるようになりました。多くのお客さんの胸には、隣のホールで開催されている”臨床検査機器・試薬・システム展示会”のバッヂ。

これ、バイオジャパンと対象分野が重なっていて、しかも日時が遅れて開催されます。つまり、お客さんにしてみたら一度で2つの展示会を見るのが効率良いから初日は控えてたと、そういうことかぁあああ。

遅れは挽回しがたく、総数では過去最少の名刺交換枚数でした。しかし同時に売り込みや冷やかしも無かったので、もしかしたら営業効率は悪くないかも。。。

その成果が明らかになるのは今後の営業次第です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 22:11Comments(0)展示会

2013年10月07日

いよいよバイオジャパン

JASISが終わって上期の占めもひと段落。
してたら忘れてた、、、わけじゃないけど、いやちょっと忘れてたけど、、今週はバイオジャパン2013の開幕です!



今年最後のメジャー展示会ですが、開幕は明後日。。。明日はブース準備で会場入り。
いつもながらのバタバタぶりながら、バイオジャパンでは首都圏バイオネットワークでの共同出展なので、ブースは小さめだし準備や装飾はすべて同事務局にお任せ。今年で4回目なので様相も分かっています。

いつもと違うのは、今回初めてプロモーション会場でのプレゼンに挑むことです。1日1回の計3回、しかも2日目は英語!
ノリと勢いで突っ切るしかないですね。

しかし毎度思うのは、展示会とその成果を活かしきれてないなぁと、間近になって感じる(遅いわっ!)。

い、いや、ただ出るだけで必死だった去年一昨年に比べ、格段に運用ノウハウが蓄積されてきた今だからこそ言えることでもあります。来年は2小間に拡張しての出展がいくつかあるので、より効果的な販促を目指さないと。

要になるのは代理店販売。直販からの切り替えと展示会をリンクさせるプランを練って行くことにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:43Comments(0)展示会

2013年10月03日

半沢直樹2

「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」の第3段、世間的にはドラマ半沢直樹パート2(?!)の原作、「ロスジェネの逆襲」を読みました。



シビれるような読後感、と言ったら良いのでしょうか。前作にも増して面白い!しかも後味すっきりで、ちょっとモヤモヤした結末の前作が完結する形です。
勧善懲悪の路線は踏襲しつつも企業買収が舞台となる話で、ベンチャー企業を営むものにとっては分かりやすい話題。

今回は半沢直樹の部下、バブル入社組の後にロスジェネと呼ばれた世代が大活躍します。メインの話に絡みながら”働くとはどういうことか”を問いかけてくるので、学生さんはもとよりちょっと仕事に悩んできた社会人にとってもお勧めです。
これ、堺雅人さんの主演で是非ドラマやってほしいなぁ。

第4弾として雑誌に連載中の「銀翼のイカロス」、早く書籍化されるのを今から楽しみにしてます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:41Comments(0)読書