プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年10月22日

サーモグラフィあるある

ガラスヒーターの温度分布はサーモグラフィで測定します。細胞培養チャンバーは上下にヒーターが付いているので、上も下も赤くなった画像を想像していたら、こんな感じになってました。



側面は透明だから下のヒーターもサーモグラフに映るだろうと思うのは勘違い。サーモグラフィは可視光ではなく赤外光なのを忘れてました。見た目が透明だろうと発熱してなきゃ映りません。

蓋(上のヒーター)を外すと下も発熱しているのが分かります。



でも雰囲気は良く出ています。ただいま専用カタログを作成しているので、表紙に載せることにしました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:05Comments(0)ガラスヒーター(技術)