プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年09月30日

厚さ1mmのガラスヒーター

今日で今年度の上期が終わります。JASIS以来の問い合わせと上期END納入が幾つも重なり、凄まじい忙しさでクタクタですが、どうにか収束しました。朝も早々に確認のメールを打ち、ただいま心地よい疲労感を味わっています。

さて、忙しさに追われるだけでなく新しい取り組み「厚さ1mmのガラスヒーター」にも挑戦していまして、その1stショットが上がってきました。


ぱっと見は標準品の2mm厚と変わらないのですが、


う、薄いっ!

触るのもこわごわながら、ホルダへ組み付けると意外に丈夫な感じになります。しかし油断していると、、、パキッ!
早速1枚割ってしまいました。

い、いや破壊検査を試みたのさ~。これで割れる限界点を感応的に確認できました。大きな成果でした(キリッ  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:09Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2013年09月23日

松山や

週末の連休、四国は愛媛の松山に旅行へ行ってました。

前回のJASISIから随分と間が空きましたが、何しろ凄まじい反響で息つく間もないほどで、ようやくひと段落したので予定してた遅めの夏休みを堪能することにしました。


復元ではない松山城は見るものの心を雄大にさせてくれます。天守閣に上がって城下町を眺めると、まるで殿様気分ンン。


近代日本の立役者である秋山兄弟の足跡をたどった後は、坊っちゃん列車で道後温泉へ。


とべ動物園ではペンギンと戯れたり虎とにらめっこしたり。ホッキョクグマのピースちゃんが元気なかったなぁ。

駆け足の旅行でしたが美味しいもの沢山食べて刺激に触れて癒されて、まるで夢うつつの旅でした。これで命の洗濯完了!
さて、週明けから一杯仕事溜まってますが、気分新たにまたチャレンジして行けそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:45Comments(0)徒然なるままに

2013年09月08日

烈闘!JASIS 2013

科学・分析機器展のJASIS 2013が無事に閉幕しました。弊社ブースにお越しくださいました皆様方、誠にありがとうございました。


  ☆ブラスト社のチャーリーズエンジェル!

おかげさまでお引き合いいただいた数、濃さ、共に過去最高となりました。インターフェックスも良かったのですが、それを更に上回る成果となりそうです。
小間数あたりの集客パフォーマンスは皆の働きもあって抜群です。ガラスヒーター素材だけのOEM販売をご提案したところ、メーカー機能を持つ商社さんにもご関心をお寄せいただきました。

ただ、ブースも手狭でごったがえすことも多く、対応しきれなかったお客様もいらしたので、来年はもっと規模を広げての出展を考えねばなりません。他の出展企業様も大事なお客さまになりえますので、告知の仕方を含め、年間を通して出展コンセプトを企画していきます。

また今回は海外企業様も何社かお越しくださり、通訳付きで突っ込んだ質問をされていました。そろそろ最終目標である欧米の製薬分野向け進出も企画し始めようと思います。

次は10月に開催されるバイオジャパン2013 in パシフィコ横浜です。こちらはマッチングシステムを重視していて海外企業様の比率も高いので、英語での展示を考えます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:01Comments(0)展示会

2013年09月03日

全部載せ

今までご紹介してきた細胞培養チャンバー、用途に応じて必要なパーツを組み換えた色々な構成例があります。

遂に全部のパーツを組み込んだバージョンを出しました。


  ☆上面も下面もガラスヒーター、ペルチェ冷却、自律温調付き


  ☆3系統の温度制御はさすがにゴツイ

まるでラーメンのトッピングをフルチョイスした”全部載せ”。お値段もそれなりになりますが、理化学分野では未だリーズナブルな方だというから興味深い。

下面のヒーターで基本的な加熱制御を仕切り、内部を高湿度のガスで循環させるので上面のヒーターで曇り止めし、室温が設定温度より高くなってしまったらペルチェで冷却モードに切り替え、、、、

で、顕微鏡に載せて培養過程を動画で記録っと言う訳です。でもペルチェまでつけるのは菌の培養になるので、商品名の細胞培養チャンバーがちょっとそぐわない。良いネーミングを思案中です。

さて、いよいよ明日からJASISが幕張メッセで開催されます。千客万来、お待ち申し上げます!  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:42Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2013年09月02日

ペルチェユニット簡易版

ガラスヒーターは室温より少しでも高ければ制御させられますが、室温より低い温度には出来ません。あくまで”加熱”ですのでね。

ガラスヒーターを23℃で維持させたい場合、エアコンかけても室温25℃とかになってる場合は”冷却”が必要になるわけで、そんなときのためにペルチェユニットをオプションでガラスヒーターユニットに組み込みます。

しかしお客さまによっては色々と工夫しながら使いたいということで、ペルチェユニットだけ欲しいと言うニーズもチラホラ出ます。そこで、独立して動作させられるような簡易台を設けてみました。


  ☆下側に冷風が出ます。上面を冷却アルミプレートにすることも可能。

ペルチェユニットそのまま剥き出しをお渡しするよりもスマートで使い勝手良さげですが、販促の一端と割り切ってます。何せペルチェは新規技術でもなんでもないので、他にも色々な簡易台が売られていますから。

これ、バッテリで冷えるハンディタイプにしたいのですが、ペルチェ素子は意外と電気食うので、ちょっと無理がありますね。  
タグ :ペルチェ

Posted by 株式会社ブラスト at 09:46Comments(0)新しいもの