プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年08月16日

零戦

「風立ちぬ」を見て、主人公のモデルとなった堀越二郎氏のことをもっと知りたくなって著書を読みました。



堀越氏は言わずと知れた零戦の設計技師。パイロットの話は読んだこともありますが(そういえば「永遠の0」も)、設計者の話は初めてでした。

デジタル技術もコンピュータも無い時代、”強度負担に応じた段階的な剛性”とか”速度域に応じて反応が変化する操縦系統”など、その基盤となる技術が生まれたプロセスを垣間見るようです。
同時に最強の戦闘機を生み出した技術者としての妙理と人としての苦悩がうずまき、人生観をも考えさせられてしまいます。

諸外国に相当遅れていたはずの航空機技術がなぜ一気に最高峰へ躍り出たのか、不思議にも思っていましたが、読み終えて一つ感じることがありました。設計チームに高度な知識や絶え間ない努力があったのはもちろんですが、堀越氏には理念や使命感をも超えた強烈な”美学”があったことです。

正しいかどうかではなく、美しいかどうか。価値観を表す最上位の基準。不可能とも思える目標を実現させるには必須のものではないでしょうか

エンジニアや理系学生には是非読んでほしい本です。  
タグ :零戦

Posted by 株式会社ブラスト at 08:32Comments(0)読書