プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年08月13日

リスクの向こう側

細長いガラスヒーターユニットを作りました。監視カメラの融雪用途です。強大な加熱パワーで雪を直ぐ融かします。急に熱くしても割れないのが弊社製ガラスヒーターの特長の一つです。


   ☆比較物載せるの忘れましたが、手の平サイズです。

次の事業目標として、ガラスヒーター素材のOEM供給を掲げています。これが一筋縄ではいかない。組み込みを前提にしているので、コスト、仕様、歩留まり等々ハードルは低くない。

とある案件で、今までやったことが無いほどの複雑な形状を問われました。こういうときはまず自社予算で試作してみるのですが、これは複雑すぎて費用負担がちと大きい。

考えあぐねていると、工場のスタッフが一つ作ってしまいました。紹介できないのが残念ですが、思ったより綺麗にできていました。まだまだ課題はありますが、顧客へのプレゼンにも熱が入ります。

解決策はいつもリスクの向こう側にある。中止と判断した時はそれでも良いのですが、行くか引くか迷っているときはノリと勢いで進めるのが正解かもしれません。(それをいつも平常心で出来れば良いのですけどねぇ。)  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:10Comments(0)ビジネス