プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年06月03日

コンパクトチャンバー

長方形型のガラスヒーターユニッにアクリル筺体を取り付け、チャンバー化したアプリケーションを販売しています。
細胞培養などに用いるマイクロプレート1枚を厳密に温度管理しながら倒立顕微鏡で観察し続けられるメリットがあります。

しかし培養ではCO2ガスの濃度管理とともに湿度95%を維持するので、天蓋が曇ってしまいます。

そこで天蓋もガラスヒーターを用い、上下から透明なまま加温できるユニットをシリーズに加えました。



さらに、庫内雰囲気とガラスヒーターを同時に制御し、最終的に庫内雰囲気を温度制御の対象とした「自律型温度制御」をセットにしました。

顕微鏡に載せて画像をタイムラプスで記録し、1週間の細胞成長過程を動画に出来ます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:02Comments(0)ガラスヒーター(実例)