プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2013年03月05日

凸び出てます

在庫のガラスヒーターから切り出して20mm角のユニットを作りました。



これ、ちょっと今までと違って、ガラス面が飛び出しているのです。ガラスヒーターの両サイドだけ削って凸型断面にして、へこんだ両サイドをPTFEカバーで押さえるようにしました。

そうするとガラスのTOP面がPTFEカバーより高いので、ウエハとか金型ゲートとかの加温対象物にピッタリ密着させられます。

切削が難しく、今までトライしてガラスが加工途中で割れることもあったのですが、今回は比較的小さなサイズなので上手く出きました。

☆追記
ちょうど去年の今日、展示会の準備ラッシュが始まって時間に追われる記事を書いていました。今年はさらに再生医療学会が加わり、デフォでJASISも参加するので、もっと大変です。でも運営ノウハウが相当に蓄積されたので、より効率的なプロモーションを仕掛けていきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:34Comments(0)ガラスヒーター(実例)